「内藤哲也」の最新・人気情報まとめ

新日本プロレスの内藤哲也選手は1982年6月22日生まれ、東京都足立区出身。『アニマル浜口ジム』出身。現在、内藤哲也選手が所属するユニットは、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン(Los Ingobernables de Japón、略称 : L・I・J)。2006年5月27日に新日本プロレスでデビューを飾る。フィニッシュ・ホールド(必殺技)は、デスティーノ、スターダスト・プレスなど。高い身体能力と“制御不能”なファイトスタイルがファンから大きな支持を得ている。内藤哲也選手のが試合後に行う大合唱は新日本プロレスの名物とも言えるパフォーマンスとなった。こちらでは、内藤哲也選手の人気・オススメ記事をご紹介します。


飯伏幸太の不穏すぎるコメントは一体なんなのか

飯伏幸太の不穏すぎるコメントは一体なんなのか。 「DOMINION 6.9」で内藤哲也選手に敗れ、「IWGPインターコンチネンタル 王座」から転落した飯伏幸太選手。 2人の神が戴冠したベルトを腰に巻き、大切そうに抱え込む姿はファン目線で見ても、非常に清々しく…

飯伏幸太が内藤哲也に綴った手紙で気になること

飯伏幸太が内藤哲也に綴った手紙で気になったことついて書き残したい。 2019年から新日本プロレス所属となった飯伏幸太選手。バースデーイベントも大盛況のうちに終了した彼から「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」“制御不能のカリスマ”に向けた一通の…

飯伏幸太が新日本プロレスで魅せる最高の覚悟に期待

飯伏幸太が新日本プロレスで魅せる最高の覚悟に期待せざるおえない。 そんな彼の気概を受け、新日本プロレスが早速動いた。「レスリングどんたく2019」シリーズの対戦カードが変更されたのだ。 全くもって飯伏幸太選手は本物の“制御不能”である。 「SENGOKU …

SANADAのIWGPヘビー戴冠の鍵を握るのは内藤哲也か?

SANADAのIWGPヘビー戴冠の鍵を握るのは内藤哲也かなのかもしれない。 ふと、今日行われた新日本プロレスの新シリーズ「Road to レスリングどんたく 2019」を見ていて、そんな気持ちが浮かんだ。 新日本プロレスに新しい風が吹いている。4強と言われたオカダ…

内藤哲也と飯伏幸太の初タイトルマッチ!帰ってきた制御不能に震えた話

「IWGPインターコンチネンタル王者」内藤哲也選手がチャレンジャー飯伏幸太選手とMSG「G1 SUPERCARD」で激突した。 新日本プロレスを代表する好カードはまさに激戦となった。 新日本プロレスが昭和から見続けてきた夢を平成最後に叶えるという本大会を前に、…

内藤哲也がMSGを前に制御不能を取り戻そうとしている

2018年のイッテンヨン「レッスルキングダム13」でオカダ・カズチカ選手に破れた。「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」の人気が加速しすぎた。 「俺の夢は新日本プロレスの主役になること」。この夢を追い続けてきた内藤哲也選手は徐々に毒を失ってきた…

新日学園内藤哲也物語の感想を3つのポイントで解説してみる

「HIGHER AND HIGHER! 新日学園内藤哲也物語」が2019年3月28日に発売となった。 新日本プロレスのレスラーたちが多数登場する本作品は、「ファクションーと呼ばれるストーリーテーリングを行なっており、非常に読んでいて面白い。 新日本プロレスの主役であ…

なぜ、内藤哲也は「ニュージャパンカップ」で2年連続一回戦負けを喫したのか

新日本プロレス、「ロス・インゴブレナブレス・デ・ハポン」内藤哲也選手は一体どうしてしまったのか。 2018年の「ニュージャパンカップ」でザック店セイバーJr.選手に完封負けを喫したことを皮切りに、トーナメントやリーグ戦など肝心なところで勝てない試…

なぜ、内藤哲也は飯伏幸太に対して焦ってしまうのか

なぜ、内藤哲也は飯伏幸太に対して焦ってしまうのか。 これは飯伏幸太選手が新日本プロレスとDDTのW所属になり、本格的な進出が始まる以前にまで話が遡るような気がしている。 飯伏幸太選手は2019年のイッテンヨン「レッスルキングダム13」で「NEVER無差別級…

聖帝タイチが北海道の大地に散った時、あべみほさんの目に涙はなかった

2019年2月3日に行われた新日本プロレス『THE NEW BEGINNING in SAPPORO~雪の札幌2連戦~』。 2月2日の観客動員数4,868人に対し、6,089人(満員)という動員人数は新日本プロレスが盤石の体制を築きつつあるという証明だろう。 3日のメインイベントは『IWGP…

2019年、何かが起きる雪の札幌!大妄想スペシャル

2019年2月3日。『ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン』と『鈴木軍』のタイトルマッチ3連発が行われる。 僕は新日本プロレスの箱推しなので、どちらも応援しているのだが、「何かが起きる」と言われれば期待せざるを得ない。 そこで、今回は2019年、何かが…

タイチと内藤哲也が新日本プロレスのメインイベントを張る日

タイチと内藤哲也が新日本プロレスのメインイベントを張る日がいよいよ近付いてきた。 数年前の新日本プロレスを観ている方からすれば、どんな気持ちなのだろうか。 「待ちに待った日がやってきた!」 「えっ!?あの2人が『インターコンチ』でメインやるの…

タイチの乱入劇はファンを巻き込んだ新しい挑戦の幕開けか

2019年1月21日は日本プロレスが贈るルチャの祭典『ファンカスティッカマニア2019』の最終日だった。 祭りの終わりに相応しい、熱と盛り上がりが後楽園ホールを包む中、第3試合で衝撃の乱入劇が巻き起こった。 「鈴木軍」の『IWGPインターコンチネンタル王者…

内藤哲也がプロレス大賞授賞式で見せた宣伝力が素晴らしい

内藤哲也がプロレス大賞授賞式で見せた宣伝力が素晴らしい。 新日本プロレスひいては日本のプロレス団体で、同じことをする人、できる人、許される人が一体どれほどいるのだろうか。 彼は唯一、チャンピオンであるにも関わらずベルトを持って登場しない。201…

2019年IWGPヘビー級ベルトを懸けた戦いが熱い

2019年IWGPヘビー級ベルトを懸けた戦いが熱い。新日本プロレスで最も権威あるベルトが織りなす物語は、更なる盛り上がりを見せる。これは間違いない事実だろう。 これまで『IWGPヘビー級ベルト』は限られた選手のみが許される高みであった。オカダ・カズチカ…

内藤哲也を社会人として尊敬できる理由をじっくりと考えてみた

内藤哲也選手を社会人として尊敬できる理由をじっくりと考えてみた。 新日本プロレスの“主役”こと“制御不能のカリスマ”内藤哲也選手。 2015年に『ロス・インゴベルナブレス』へ加入後、2016年には自身を中心とするユニット『ロス・インゴベルナブレス・デ・…

AEW始動に見る、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンが動画に進出すべき理由

AEW(オールエリートレスリング)2019年1月1日に発表された。 以前からヤングバックス(マット・ジャクソン選手、ニック・ジャクソン選手)とcody選手、ハングマン・ペイジ選手の4人が設立すると噂しれていた新団体がいよいよ発表されたのだ。 ALL INのTwitt…

5つの名シーンで振り返る2018年の新日本プロレス

今月もありがとうございました! 今回は2018年12月のNJPW FUN 特別編として、僕の心を強く揺さぶった新日本プロレスの名シーン5選をお届けします。 ケニー・オメガ選手と飯伏幸太選手の『ゴールデン☆ラヴァーズ』再結成。髙橋ヒロム選手やKUSHIDA選手、石森…

SANADAがロス・インゴブレナブレス・デ・ハポンに加入した理由が判明する?

新日本プロレスの公式スマホサイトの会員になるなら今しかない。 そう、運命の回が迫ってきたのだ。 書籍化も行われた『内藤哲也“自伝”トランキーロの真実』。最新回はBUSHI選手が『ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン』に加入した背景が語られている。 …

涙のベストバウト!僕が号泣した試合を5つ紹介します

喜怒哀楽。全ての感情が溢れ出してくるのがプロレス。 新日本プロレスの興行は最初から最後まで“喜び”が詰まっている。時には、ヒールレスラーの暴走に“怒り”、全ての試合が終わったことに“哀しみ”を感じつつ、次の大会が“楽しみ”でしょうがなくなる。 プロ…

タイチのイッテンヨン。内藤哲也のセコンドに付く可能性

新日本プロレスが贈るその年一番のビックイベント イッテンヨン『レッスルキングダム』。13回目となる今回の対戦カードが全て出揃った。 未発表だった第0試合『NEVER無差別級6人タッグ王座』ナンバーワン・コンデンダー・ガントレットマッチの出場チームがい…

内藤哲也、ジェイ・ホワイトの新Tシャツが登場!イッテンヨングッズ第1弾

2018年の興行を終えた新日本プロレスが2019年、イッテンヨン『レッスルキングタム13』へのスタートダッシュとして、新作グッズを発表した。 第1弾と銘打たれたグッズは4種類。内藤哲也選手、ジェイ・ホワイト選手のTシャツ。そして、ライオンマークのロング…

なぜ、棚橋弘至は2018年度プロレス大賞MVPを受賞できたのか

新日本プロレスの棚橋弘至選手が4年振り4度目のプロレス大賞MVPを受賞した。なぜ、棚橋弘至選手は玉座に返り咲くことができたのか。その理由について考えてみたい。 2018年12月13日、早朝6時。いよいよ解禁となった東京スポーツ社が制定する2018年のプロレス…

内藤哲也がペンタゴンメイクでクリス・ジェリコを挑発

新日本プロレスの『ロス・インゴブレナブレス・デ・ハポン』内藤哲也選手がクリス・ジェリコ選手を挑発する動画をTwitterで公開した。 クリス・ジェリコ選手のペンタゴンメイクをオマージュし、アメリカ版のシャツを着用。世界を股に掛ける大スターに対して…

『NO LIMIT』と『GBH』。僕が見たい景色について

新日本プロレスヘビー級タッグの祭典『ワールドタッグリーグ2018』、最終日に2つの事件が起こった。 第4試合で高橋裕二郎選手が内藤哲也選手を指名したこと。次に、第5試合ではバットラック・ファレ選手に蹂躙される矢野通選手を、真壁刀義選手が救ったこと…

内藤哲也 プロフェッショナル仕事の流儀の感想を、パレハへの想いを込めて

内藤哲也 プロフェッショナル仕事の流儀の感想を、パレハへの想いを込めて贈りたい。 度々NJPW FUNにも書いて来たことだが、僕は新日本プロレスひいてはプロレスファンになってからの歴はかなり浅い。 Amazonプライムで『有田と週刊プロレスと』がスタートし…

内藤哲也選手は再び後楽園ホールに姿を現わすのか?

内藤哲也選手は再び後楽園ホールに姿を現わすのか? 棚橋弘至選手とオカダ・カズチカ選手のドリームタッグが結成する前日。僕の脳裏にはこの言葉がよぎった。 2018年11月29日は新日本プロレスの歴史の世界線が変動する日になるのかもしれない。 棚橋弘至選手…

『ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン』6人体制初のメインで大合唱は起こるか?

新日本プロレスを代表するユニット『ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン』の6人目のパレハ鷹木信悟選手が加わってから1ヶ月以上が経った。 そして、本日2018年11月17日新しい景色を見るチャンスが訪れようとしている。 鷹木信悟選手が新日本プロレスのリ…

オカダ・カズチカ選手がこの冬、メインイベントに帰ってきた

新日本プロレス、2018年の締めくくりはオカダ・カズチカ選手になりそうである。 開催が目前に迫った『ワールドタッグリーグ2018』。どのタッグチームがメインイベントを飾る回数が多いのかと調べた結果、度肝を抜かれる結果となった。 最も多くメインに立つ…

新日本プロレス内藤哲也選手がプロフェッショナル 仕事の流儀に出演

新日本プロレスが2018年11月12日、『ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン』内藤哲也選手がNHKの『プロフェッショナル 仕事の流儀』に出演することを発表した。 2018年、新日本プロレスのトップレスラーによる地上波ドキュメンタリー番組への出演が相次いで…