日の当たらないインディー団体という言葉について

「日の当たらないインディー団体」という言葉について僕の感想を書き残しておきたい。

ことのきっかけは2019年1月4日に行われたオカダ・カズチカ選手と飯伏幸太選手による「IWGPヘビー級選手権試合」の入場シーンになる。

個人的に一番好きな実況をする野上慎平アナウンサーの一言がキッカケとなり、「日の当たらないインディー団体」という言葉が1人歩きを始めた。

最初に僕がこの言葉を聞いた時の感想から書いてしまうと「刺激的な言葉を選んだな」が率直な感想になる。その理由も分かる。

とにかくオカダ・カズチカ選手と飯伏幸太選手の間にはチャンピオンと挑戦者以上のモノがなかった。対比構造がないのだ。

試合自体は完璧に盛り上がった。友だちである棚橋弘至選手と兄貴分である中邑真輔選手を2人の神と崇めている飯伏幸太選手はオカダ・カズチカ 選手からすれば、厄介な存在だ。

その点は試合にも現れていた。ボマイェを受けない。食らってもカウント1で返す。

そうした意地はあったが、2019年に巻き起こった棚橋弘至選手とケニー・オメガ選手のようなイデオロギー闘争はなかったのだ。あの時は棚橋弘至選手の「品のないプロレス」という言葉が一人歩きしたように、何かの対比が分かりやすい戦いの構図を生むのである。

野上慎平アナウンサーはその構図を作り出すために「日の当たらないインディー団体」という言葉を用いた。

これがどの団体なのかはこの際どちらでもいい。飯伏幸太選手とオカダ・カズチカ選手の試合を盛り上げるための言葉としてのこの言葉が用いられたというだけなのである。

 

野上慎平アナウンサーも別に否定的だったり、卑下したりした意味を持って発した言葉ではないのは、語気を聞いてみても分かる。

「飯伏幸太選手はここまで頑張って東京ドームのメインイベントまでたどり着いたのだ」

これを伝えるための枝葉なのだ。ただし、時にはその枝葉が心に刺さることを僕も知っている。

今回の一件は学歴コンプレックスに似ている気がした。結論から言えば持っている側は持っていない側の気持ちが分からないのだ。

シンプルに言えば学歴なんてどっちでもいいと思っているのが、いい大学を出た側。持っていないとまずいと思っているのが高学歴を持っていない側になる。

インディー団体関係者や応援している人たちからすれば「ふざけるな!」となるのも当然の話である。一方で僕は出自が新日本プロレスファンのため、日の当たらないインディー団体が別に卑下されたものだとも思わなかった。

飯伏幸太選手の歩いてきた道。彼のプロレス人生の中で大切な時間がらそこにもギッシリ詰まっている筈なのだ。

飯伏幸太選手は今日、KUSHIDA選手いわくエリート中のエリートである新日本プロレスのヤングライオン出身ジェイ・ホワイト選手と戦う。

敢えて書くとアナウンサーの失言一つにむかっ腹を立て続けるのではなく、今日のスペシャルシングルマッチを楽しみに待ってみてはどうだろうか。

バイネームでボロカスに叩いた訳ではない。メディアマンとして試合を盛り上げるために選んだ言葉が、間違っていたというだけなのだ。

最後に。僕は今回の言葉について何とも思わなかったが、こうは思った。

プロレスラーはリングに上がれば皆、スポットライトを浴びている。つまり、この世の中に日の当たらないインディー団体などは存在しない。

大仁田厚選手は自身でFMWを立ち上げ、インディーのカリスマとなり東京ドームでの試合にたどり着いた。あの時ターゲットとなった長州力さんですらインディーの軽視をとっくに見直している。

野上慎平アナウンサーは変な意味であの言葉を用いたのではない。飯伏幸太選手のサクセスストーリーを紡ぐ意味で刺激的な言葉を選んでしまっただけなのである。

変にSNSで騒ぎ立てることで、彼の実況がなくなってしまわないことを願っている。

www.njpwfun.com

www.njpwfun.com

 

f:id:yukikawano5963:20200105101856p:plain

→【ランキング参加中】人気プロレスブログはここからチェック!【クリックで応援お願いします】

→NJPW FUNのTwitterフォローはこちら