2020イッテンヨン|レッスルキングダム14最新情報

「2020イッテンヨン」にレッスルキングダム(WRESTLE KINGDOM 14 in 東京ドーム)の開催が決定。2020年1月4日と1月5日の連日に開催される。正式タイトルはバンドリ!Presents WRESTLE KINGDOM 14 in 東京ドーム。ここでは、対戦カードやグッズ、チケット情報などをまとめて「レッスルキングダム最新情報」をお届けします!

大会キャッチフレーズ

人生変えるイッテンヨン、伝説創るイッテンゴ。

イッテンヨン対戦カード情報

  • 第0‐1試合 15分1本勝負
    スターダム提供試合 岩谷 麻優&星輝ありさVS木村花&ジュリア
  • 第0-2試合 15分1本勝負
    真壁刀義&本間朋晃&辻陽太&上村優也VSトーア・ヘナーレ&カール・フレドックス&クラーク・コナーズ&アレックス・コグリン
  • 第0-3試合 15分1本勝負
    天山広吉&小島聡VS永田裕志&中西学
  • 第1試合 60分1本勝負 獣神サンダー・ライガー引退試合 I
    獣神サンダー・ライガー&藤波辰爾&ザ・グレート・サスケ&タイガーマスクWITHエル・サムライVS佐野直喜&大谷晋二郎&高岩竜一&田口隆祐WITH小林邦昭
  • 第2試合 30分1本勝負 スペシャル8人タッグマッチ
    SANADA&EVIL&鷹木信悟&BUSHIVSザック・セイバーJr.&鈴木みのる&タイチ&エル・デスペラード
  • 第3試合 30分1本勝負 スペシャル8人タッグマッチ
    後藤洋央紀&石井智宏&矢野通&YOSHI-HASHIVSKENTA&バックトラック・ファレ&高橋裕二郎&チェーズ・オーエンズ
  • 第4試合 60分1本勝負 IWGPタッグ選手権試合
    タマ・トンガ&タンガ・ロアVSジュース・ロビンソン&デビッド・フィンレー
  • 第5試合 60分1本勝負 IWGP USヘビー級選手権試合テキサス・デスマッチ
    ランス・アーチャーVSジョン・モクスリー
  • 第6試合 60分1本勝負 IWGPジュニアヘビー級選手権試合
    ウィル・オスプレイVS高橋ヒロム
  • 第7試合 60分1本勝負 IWGPインターコンチネンタル選手権試合
  • 第8試合 60分1本勝負 IWGPヘビー級選手権試合
    オカダ・カズチカVS飯伏幸太

イッテンゴ対戦カード情報

  • 第0試合 NEVER無差別級6人タッグ選手権試合 ガントレットマッチ
    真壁刀義&矢野通&田口隆祐VS石井智宏&YOSHI-HASHI&ロビー・イーグルスVSEVIL&鷹木信悟&BUSHIVSタイチ&エル・デスペラード&金丸義信VSバックトラック・ファレ&高橋裕二郎&チェーズ・オーエンズ
  • 第1試合 60分1本勝負 獣神サンダー・ライガー引退試合Ⅱ
    獣神サンダー・ライガー&佐野直喜VS高橋ヒロム&リュウ・リー
  • 第2試合 60分1本勝負 IWGPジュニアタッグ選手権試合
    石森太二&エル・ファンタズモVSYOH&SHO
  • 第3試合 60分1本勝負 ブリティッシュヘビー級選手権試合
    ザック・セイバーJr.VSSANADA
  • 第4試合 60分1本勝負 IWGP USヘビー級選手権試合
    ジョン・モクスリーVSジュース・ロビンソン
  • 第5試合 60分1本勝負 NEVER無差別級選手権試合
    KENTA&後藤洋央紀
  • 第6試合 60分1本勝負 スペシャルシングルマッチ
    飯伏幸太VSジェイ・ホワイト
  • 第7試合 60分1本勝負 スペシャルシングルマッチ
    棚橋弘至VSクリス・ジェリコ
  • 第8試合 60分1本勝負 IWGPヘビー級・IWGPインターコンチネンタル ダブル選手権試合
    オカダ・カズチカVS内藤哲也
みどころのまとめ記事はこちらをチェック↓↓↓

ジェイ・ホワイトが見せた人間味と先輩からの激励

ジェイ・ホワイトが見せた人間味と先輩からの激励ついて書きたい。 イッテンゴ、東京ドームで「IWGPヘビー&インターコンチネンタルWチャンピオン」飯伏幸太選手に敗れたジェイ・ホワイト選手。 凱旋帰国後、一気にスターダムを駆け上がり、2021年は東京ドー…

なぜ、飯伏幸太はベルト統一を主張するのか?

なぜ、飯伏幸太はベルト統一を主張するのか? 新日本プロレスの“イッテンゴ”東京ドーム大会が幕を閉じた。 「IWGPヘビー&インターコンチネンタル」に関しては飯伏幸太選手の2連勝。2020年はKENTA選手が内藤哲也選手を襲撃するという史上最大のバッドエンドが…

グレート-O-カーンが生まれた理由があまりにも素敵過ぎて言葉にできない。

グレート-O-カーンが生まれた理由があまりにも素敵過ぎて言葉にできない。 でも、今の感情だけは書き残しておきたい。そう思って筆を取った。 2021年の東京ドーム大会で新日本プロレスのエース棚橋弘至選手に敗れたグレート-O-カーン選手がその胸中をTwitter…

内藤哲也が「二冠」から開放され、大切なものを手に入れた日

内藤哲也が「二冠」から開放され、大切なものを手に入れた日。2021年のイッテンヨン東京ドーム大会は内藤哲也選手にとって大きな意味を持つ日になったと僕は思っている。 2015年に「何かを手に入れるため」メキシコへと渡った内藤哲也選手は“制御不能”という…

飯伏幸太が手にしようとしている“天衣無縫の極み”

飯伏幸太が手にしようとしている“天衣無縫の極み”について書きたい。 いよいよ明日(イッテンヨン)に迫った新日本プロレスの東京ドーム大会。 メインイベントは「IWGPヘビー&インターコンチネンタル王者」内藤哲也選手VS“G1クライマックス30覇者”飯伏幸太選…

ジェイ・ホワイトが2021年の新日本プロレスを震撼させる

ジェイ・ホワイトが2021年の新日本プロレスを震撼させると僕は「挑戦権利証」を奪った瞬間から考えていた。 2020年11月7日の大阪大会(POWR STRUGGLE)で「G1クライマックス」覇者・飯伏幸太選手から権利証を(疑惑の判定)で奪取。 イッテンゴ、東京ドーム…

鷹木信悟「良いことも悪いことも勝ちも負けも全て自分の為」。やっぱりジャイアンは器がデカい

新日本プロレスのジャイアン対決について書いていきます。 2020年の大晦日。皆さまいかがお過ごしでしょうか。 今の時刻は6時22分。昨晩は忘年会後、ベッドになだれ込んでこの時間に起きました。 さて、2020年最後のNJPWFUNでございます。 まず、これが年内…

高橋ヒロムの言葉から東京ドームへの期待を膨らます

高橋ヒロムの言葉から東京ドームへの期待を膨らましてみる。 2020年の東京ドームで“リビングレジェンド”獣神サンダー・ライガー選手を介錯した高橋ヒロム選手。 俺が、俺たちが新日ジュニアを盛り上げるという言葉に嘘偽りはなく、今年はさらにジュニアが注…

オカダ・カズチカですら感じる“勢い”の力

オカダ・カズチカですら感じる“勢い”の力について書く。 2020年も残すところ3日。新日本プロレスは東京ドーム大会への機運を高めるべく、各レスラーへのロングインタビューを次々と公開している。 今回、公開されたのは「CHAOS」“レインメーカー”オカダ・カ…

反逆のウィル・オスプレイが本音を激白!

反逆の“ジ・コモンウェルス・キングピン”ウィル・オスプレイが新日本プロレス公式スマホサイトのインタビューで本音を激白した。 「G1クライマックス30」で自身を新日本プロレスへ導いた兄貴分オカダ・カズチカ選手を裏切り、「CHAOS」から離反。 イギリス侵…

エル・デスペラードによるマスター・ワトへの公開説教のワケ

エル・デスペラードによるマスター・ワトへの公開説教を振り返る。 2020年12月23日に行われた『バルサン Presents WRESTLE KINGDOM 15 in 東京ドーム』の“第2弾記者会見”。 今年は対戦相手が確定していなかったり、記者会見に参加できないレスラーが続出する…

小島聡がKENTAとタイトルマッチをすることについて

小島聡がKENTAとタイトルマッチをすることについて書きたい。 新日本プロレスの年内最終興行が行われた2020年12月23日の後楽園ホールで超特大のサプライズが起こった。 KENTA選手が保有する「IWGP USヘビー級挑戦権利証」な挑戦予定だったジュース・ロビンソ…

SHO「人の支えになるレスラーになる」この言葉に感動

SHO「人の支えになるレスラーになる」この言葉に感動した。 2020年、新日本プロレスを“締めくくったのは”SHO選手だった。 2020年12月23日のメインイベントに“大好きな”飯伏幸太選手とのタッグで登場。 “ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン”の「二冠王」内…

NEVER無差別6人タッグに第3世代の挑戦を希望する

NEVER無差別6人タッグに第3世代の挑戦を希望する。 2020年、最も価値を上げたベルトは何か?と聞かれれば「NEVER無差別6人タッグ」だと僕は応える。 SANADA選手がNEVERで一番好きなのは6人タッグと発言した時点から、これから来る空気が流れはじめていたのだ…

グレート-O-カーン、約2年越しの夢を叶え棚橋弘至戦へ

グレート-O-カーン、約2年越しの夢を叶え棚橋弘至戦へ。 2020年12月14日、棚橋弘至選手とグレート-O-カーン選手によるスペシャルシングルマッチが発表された。 決戦の舞台は東京ドーム。“ドミネーター”として新日本侵略を開始したグレート-O-カーン選手にと…

オカダ・カズチカが今の新日本プロレス、IWGPヘビーに言及したワケ

2020年12月11日の興奮が冷めやらぬ中、今日はオカダ・カズチカ選手のメッセージについて考えていきたい。 「ジ・エンパイア」との試合が終わった後のバックステージで時代の寵児である“レインメーカー”はこう口を開いた。 「今年の新日本プロレスのメインの…

なぜ、SANADAはEVILに熱くなったのか?

なぜ、SANADAはEVILに熱くなったのか。 かつての相棒に対する不甲斐なさなのか。それとも、不器用な檄なのか。 コールドスカルの胸中には一体どんな気持ちが浮かんでいたのだろう。 改めて問題のシーンを見てみると、SANADA選手はあくまでも冷静にキレている…

内藤哲也と飯伏幸太のイッテンヨンについて

内藤哲也と飯伏幸太のイッテンヨンについて。 2020年11月8日。「POWER STRUGGLE」大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪) 大会の一夜明け会見が行われた。 登場したのは飯伏幸太選手から東京ドームでの挑戦権利証を奪取した“バレットクラブ”ジェ…

高橋ヒロムが獣神サンダー・ライガーを介錯した技のこと

高橋ヒロムが獣神サンダー・ライガーへTIMEBOMB2を見舞わなかった理由についてずっと考えていた。 2020年1月6日、大高体育館にて獣神サンダー・ライガーさんの引退セレモニーが行われた。 新日本本隊だけでなくCHAOSの面々からも花束が贈呈されるというサプ…

“令和のテロリスト”KENTAが大合唱を阻止!外道の狙いとは何だ!?

“令和のテロリスト”KENTAが大合唱を阻止!外道の狙いとは何だ!? 新日本プロレスには“テロリスト”と呼ばれた男が過去にも存在する。藤原喜明さんは冬の札幌で長州力さんを襲撃し、村上和成さんは横浜アリーナで橋本真也さんを襲撃した。 この二つと比べれば…

スターダストプレス炸裂!“二冠王”内藤哲也誕生!

2020年1月5日、いよいよこの時がやってきた。 黒に染まって白を手に入れ、偉業を目指す内藤哲也選手、白を受け継ぎ黒を守り続け、最強を証明し続けるオカダ・カズチカ選手によるIWGPヘビー級ベルトとIWGPインターコンチネンタルベルトのダブル選手権試合だ。…

伝説創るイッテンゴ見どころ&結果まとめ【新日本プロレス】

伝説創るイッテンゴの見どころまとめを書いておきたい。 オカダ・カズチカ 選手以外全ての王者がベルト防衛に失敗するという波乱が巻き起こった2020年のイッテンヨン「レッスルキングダム」東京ドーム大会。 ジェイ・ホワイト選手、ウィル・オスプレイ選手や…

日の当たらないインディー団体という言葉について

「日の当たらないインディー団体」という言葉について僕の感想を書き残しておきたい。 ことのきっかけは2019年1月4日に行われたオカダ・カズチカ選手と飯伏幸太選手による「IWGPヘビー級選手権試合」の入場シーンになる。 個人的に一番好きな実況をする野上…

プロレスリング・ノアの開国と新日本プロレスの海外戦略

プロレスリング・ノアの開国と新日本プロレスの海外戦略について書いてみたい。 年始早々プロレスリング・ノアの仕掛けは止まることを知らない。丸藤正道選手がDDTに上がるのだから、お互いのファンがクロスする瞬間に大きな盛り上がりを生むに違いないと思…

オカダ・カズチカの涙。最強の男の最高のマイクに感情的になった夜

オカダ・カズチカの涙。最強の男の最高のマイクに感情的になった夜2020年1月4日、戦い始めの東京ドームは40008人の満員で初日を終えた。イッテンヨンが終わり、伝説創るイッテンゴへ。ファンの期待を最大限に浴びた“レインメーカー”オカダ・カズチカ 選手は…

なぜ、高橋ヒロムはウィル・オスプレイに勝てたのか?

なぜ、高橋ヒロムはウィル・オスプレイに勝てたのか? 戦いはじめのイッテンヨン。東京ドーム二連戦の初日、第6試合は「IWGPジュニアヘビー級選手権試合」。王者ウィル・オスプレイ選手VS挑戦者高橋ヒロム選手だ。 高橋ヒロム選手が東京ドームで「IWGPジュニ…

2020年の新日本プロレスを5大ニュースから予想してみる

2020年の新日本プロレスを5大ニュースから予想してみる。 新年一発目の予想系コラム。と、言っても全く突拍子もないことではなく、あくまでもふくせん、フラグが存在しているものについてまとめていきたいと思う。 新日本プロレスの2020年は一体どうなってし…

クリス・ジェリコと棚橋弘至の闘いは「AEW世界王座」へ発展するか?

クリス・ジェリコと棚橋弘至の闘いは「AEW世界王座」へ発展するか? まさに青天の霹靂だった。いや、禁断の果実がぶら下がった状況とも言うべきだろうか。2018年から3年連続で新日本プロレスの東京ドーム大会に出場するクリス・ジェリコ選手が爆弾発言を発し…

石井智宏がEVILへ辛辣な一言「お前終わってんな」

石井智宏がEVILへ辛辣な一言をバックステージで発した。その内容は「お前終わってんな」というもの。 ともすれば刺激的過ぎる一言。だが、僕は中々が結果出せない“闇の王”に対して、“名勝負製造機”から向けられた手荒いエールだと僕は受け取った。 新時代に…

さようならのレインメーカーとブラックライガー

さようならのレインメーカーとブラックライガー。2019年の新日本プロレスを締め括る一撃は黒い獣神への別れとなる惜別の意味が込められていたように思う。 新日本プロレスジュニアを長年牽引し、国内外で爆発的な人気と実績を持つ“世界の獣神”こと獣神サンダ…