SANADA




ザック・セイバーJr.とSANADAの名勝負数え歌はイッテンヨンへ向かうのか?

ザック・セイバーJr.とSANADAの名勝負数え歌はイッテンヨンへ向かうのか? 「ワールドタッグリーグ2019」では惜しくも優勝を逃し、3連覇の夢が途絶えてしまったSANADA選手&EVIL選手。ただし、戦績を見ると優勝チームである“フィンジュース”ジュース・ロビン…

フィンジュースが「ワールドタッグリーグ」初優勝!

フィンジュースが「ワールドタッグリーグ」初優勝!陽気なベビーフェイスがタッグの世界を回す日がやってきた! 新日本プロレス冬の祭典「ワールドタッグリーグ」優勝候補の最右翼である「ロス・インゴブレナブレス・デ・ハポン」のSANADA選手&EVIL選手は惜…

SANADA&EVILの全勝記録は静岡でストップするか?

SANADA&EVILの全勝記録は静岡でストップするか? 新日本プロレスで今、最も輝いているタッグチームは「ロス・インゴブレナブレス・デ・ハポン」SANADA選手&EVIL選手のタッグチームなのかもしれない。 「ワールドタッグリーグ2019」がスタートすると破竹の…

SANADA流“二冠論”に正当性を感じた話

SANADA流“二冠論”に正当性を感じた話を書きたい。 2020年の東京ドームで、新日本プロレスの中心にある話題は「IWGPヘビー級ベルト」と「IWGPインターコンチネンタルベルト」の二冠戦だ。 現在ベルトを持つオカダ・カズチカ選手とジェイ・ホワイト選手、夏の…

SANADAとEVILが3連覇へ!鷹木信悟を圧倒した夜

SANADAとEVILが3連覇へ!鷹木信悟を圧倒した夜のことを書きたい。 鷹木信悟選手が新日本プロレスに姿を現したあの日から一年以上が過ぎた。 高橋ヒロム選手の代わりではなく、6人目のパレハとしてドラゴン・ゲートで培ってきた実力を遺憾なく発揮し、今では…

SANADAは涙を超え、新日本プロレスの希望となった

SANADAは涙を超え、新日本プロレスの希望となった。そんな言葉が飛び出す日は決して先のことではない。僕はそう感じていている。 改めて彼のプロレスについて思いを巡らす。 SANADAという天才レスラーにとってプロレスとは、抜群の身体能力を駆使しつつ考え…

なぜ、SANADAは“希望”というフレーズを使い出したのか?

なぜ、SANADAは“希望”というフレーズを使い出したのか?今最も「ロス・インゴブレナブレス・デ・ハポン」でホットな男は誰かと聞かれれば、“Cold Skull”SANADA選手だと僕は答える。 流れを掴んだ2018年の「IWGPヘビー級選手権試合」。V12を達成したオカダ・…

SANADAが新ユニット?タイチの不穏な動きに注目している話

SANADAが新ユニット?タイチの不穏な動きに注目している話を書きたい。今日はこの点について考えてみたい。『ロス・インゴブレナブレス・デ・ハポン』で近年最も『IWGPヘビー級王者』に近い男は誰か?という質問が出れば、間違いなくSANADA選手を推す声は多…

なぜ、EVILはIWGPヘビー級ベルトを狙うのか?

なぜ、EVILはIWGPヘビー級ベルトを狙うのか? このシンプル過ぎる目標について語る書き残しておきたい。 「G1クライマックス29」のAグループは、拮抗した試合が繰り広げられていた。 結論から言えば、飯伏幸太選手がオカダ・カズチカ選手と並ぶ勝ち点14をマ…

SANADAが3度目のIWGPヘビー挑戦へ!ライバル相手に連勝を狙う

SANADAが3度目のIWGPヘビー挑戦へ!ライバル相手に連勝を狙う。 6119人超満員となった「NJPW Royal Quest」で鈴木みのる選手との激闘を制したオカダ・カズチカ選手の前に姿を現したのはスーツに身を包んだ“正装”のSANADA選手だった。 「G1クライマックス29」…

SANADAの「めっちゃすきやねん」と飯伏幸太が神を超えた日

SANADA「めっちゃすきやねん」ライバルに勝った日について書き残しておきたい。 いやはや。半端じゃない試合が続いた。 新日本プロレス「G1クライマックス29」大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)日本を覆い尽くしている猛暑日以上の熱気を放…

飯伏幸太の“最凶”が目覚めた一夜と握手への疑問

飯伏幸太の“最凶”が目覚めた一夜だったように思う。 新日本プロレス真夏の祭典「G1クライマックス29」も折り返しを迎え、徐々に優勝決定戦へ駒を進められる選手がしぼられてきた。 Aブロックに焦点を絞ってみると、本日時点でトップを走るオカダ・カズチカ選…

飯伏幸太と真田聖也!新日本プロレスの勢力図を塗り替えるスカウト

飯伏幸太と真田聖也!新日本プロレスの勢力図を塗り替えるスカウトの行方について考えてみたい。 新日本プロレスで今、最も勢いを持ち支持率を高めているレスラーを数名述べよ。 こんな問題を出された時、パッと頭に浮かべるのはSANADA選手ではないだろうか…

EVILがSANADAに勝つ!相棒として、ライバルとして

EVILがSANADAに勝つ!相棒として、ライバルとして深い絆で結ばれている2人について書いてみたい。 現代の新日本プロレスを象徴する大人気ユニット「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンー」。 その人気は留まることを知らず常に会場でグッズを身につけてい…

G1クライマックス29の新グッズまとめ

新日本プロレスの公式Twitterにて、G1クライマックス29の新グッズが発表された。 「アメリカ・アメリカン・エアラインズ・センター」で幕を開けた「HEIWA Presents G1 CLIMAX 29」。 2018年の準優勝である飯伏幸太選手と覇者である棚橋弘至選手が揃って黒星…

「G1クライマックス29」Aブロックで気になる試合5選

「G1クライマックス29」Aブロックで気になる試合5選をお届けしたい。 オカダ・カズチカ選手や棚橋弘至選手を中心に現代の新日本プロレスを象徴するタイプのレスラーが集ったAブロック。 “曲者”も数多く名を連ねたBブロックとは異なり、正統派なプロレスを楽…

プロレス総選挙1位は棚橋弘至!新日本プロレスが上位を独占

プロレス総選挙1位は棚橋弘至!新日本プロレスが上位を独占した意味について書いてみたい。 “革命戦士”長州力さんが真壁刀義選手のキングコングニードロップ4連発を受け、マットに沈み10カウントゴングが響くことなく引退となった翌日、現在のプロレス界で最…

SANADAがオカダ・カズチカのライバルになった日。

SANADAがオカダ・カズチカのライバルになった日。そう、新日本プロレスを席巻してきた“レインメーカー”オカダ・カズチカ選手にいよいよ同年代の強敵(とも)が生まれたのだ。 「ニュージャパンカップ」決勝で雌雄を決した2人が再び、福岡の地で激突する。新…

SANADAのIWGPヘビー戴冠の鍵を握るのは内藤哲也か?

SANADAのIWGPヘビー戴冠の鍵を握るのは内藤哲也かなのかもしれない。 ふと、今日行われた新日本プロレスの新シリーズ「Road to レスリングどんたく 2019」を見ていて、そんな気持ちが浮かんだ。 新日本プロレスに新しい風が吹いている。4強と言われたオカダ…

オカダ・カズチカはMSGで王者に返り咲く

オカダ・カズチカ選手が新日本プロレスの春を制した。本人が「ニュージャパンカップ2019」開催前から豪語していた通り、大本命として結果を残したことになる。 波乱がなかったと言えば確かにそうだ。僕自身、今回の「ニュージャパンカップ」はオカダ・カズチ…

SANADAがイチロー元選手をオマージュした理由

SANADAは「ニュージャパンカップ2019」を制すことができるか? 新日本プロレスファンが今もっとも気になっているのは「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」の伊達男による春の制覇だろう。 一回戦で「ニュージャパンカップ」三度優勝の“春男”後藤洋央紀…

新日本プロレスの天才がグラウンドを制した日

新日本プロレスの「ニュージャパンカップ2019」二回戦でSANADA選手と「鈴木軍」のボス・鈴木みのる選手の一戦が行われた。 SANADA選手にとっては「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」のメンバーである内藤哲也選手、EVIL選手が一回戦で敗退したことから…

SANADAが新日本プロレスの春男を撃破!告白後、優勝を宣言!

SANADAが新日本プロレスの春男を撃破!告白後、優勝を宣言したのである。 そんな記念日を僕はこの対戦カードが発表された日から楽しみにしていた。 「CHAOS」後藤洋央紀選手と「ロス・インゴブレナプレス・デ・ハポン」SANADA選手が 「ニュージャパンカップ2…

新日本プロレスが「ニュージャパンカップ2019」の対戦カードを発表!注目の5試合をピックアップ

2019年2月25日、新日本プロレスが『ニュージャパンカップ2019」の対戦カードを発表した。 出場選手は過去最多の32選手。すでにMSGで「IWGPタッグ王座選手権試合」が決定しているタマ・トンガ選手&タンガ・ロア選手。目の負傷が心配される高橋裕二郎選手を除…

SANADAがロス・インゴブレナブレス・デ・ハポンに加入した理由が判明する?

新日本プロレスの公式スマホサイトの会員になるなら今しかない。 そう、運命の回が迫ってきたのだ。 書籍化も行われた『内藤哲也“自伝”トランキーロの真実』。最新回はBUSHI選手が『ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン』に加入した背景が語られている。 …

SANADA&EVILの記者会見。その胸中にはドリームタッグマッチ構想か?

新日本プロレス冬の祭典『ワールドタッグリーグ2018』は『ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン』SANADA選手&EVIL選手の2連覇という結果で決着した。 13戦、10勝3敗。僅差で敗れたのは『IWGPタッツ王者』であるタマ・トンガ選手&タンガ・ロア選手のGOD、…

EVIL選手&SANADA選手・GODが優勝決定戦に進出!3年越しの夢を掴むか?

新日本プロレス『ワールドタッグリーグ2018』の優勝決定戦に進出する2チームが決定した。 EVIL選手&SANADA選手とGODのタマ・トンガ選手&タンガ・ロア選手である。 GODはこれは3年連続の『ワールドタッグリーグ』優勝決定戦進出。まさに、3年目の夢を掴むこ…

なぜ、EVIL選手はザック・セイバーJr.選手に勝てないのか?

なぜ、EVIL選手はザック・セイバーJr.選手に勝てないのか?その答えについて今回は考えてみたい。 新日本プロレス タッグチームの祭典『ワールドタッグリーグ2018』の大一番がやってきた。 2018年11月25日の愛知・愛知県体育館(ドルフィンズアリーナ)大会…

『ワールドタッグリーグ2018』新潟県出身レスラー対決に感動した!

新日本プロレスが開催した『ワールドタッグリーグ2018』新潟・新発田市カルチャーセンター大会は大きく盛り上がる興行となった。僕の胸を打ったのは、セミファイナル・EVIL選手&SANADA選手VS高橋裕二郎選手&ハングマン・ペイジ選手の一戦だ。 SANADA選手と…

新日本プロレスで巻き起こった筋肉の祭典。人気も華も超越する圧倒的な力

新日本プロレスが2018年11月18日に開催した後楽園ホール大会は、非常に興味深い試合が連発される満足度の高い興行となった。 つい、先日のことだ。『ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン』の内藤哲也選手がバックステージで例年通りの苦言を呈した。 「(…