IWGPジュニア

エル・デスペラードから学ぶ、自分に正直に生きること

今日はエル・デスペラード選手を見ていて、改めて気付いたことを書いていきたいと思う。 タイトルマッチ前のインタビューで石森太二選手はエル・デスペラード選手に対して“嫉妬”していると語っていた。 嫉妬の対象は飯伏幸太選手とエル・デスペラード選手。 …

田口隆祐がいよいよおふざけなしで動く

田口隆祐がいよいよおふざけなしで動く日が近づいてきた。 現「IWGPジュニアヘビー級王者」エル・デスペラード選手のコメントを受け、“ファンキーウェポン”田口隆祐選手が臨戦体制に入った。 ことの発端は2021年7月2日のバックステージコメント。 マフラーホ…

高橋ヒロムの欠場をスーパーポジティブに考えてみる

高橋ヒロムの欠場をスーパーポジティブに考えてみる。 新日本プロレスの高橋ヒロム選手が試合中の負傷により大胸筋断裂を診断され、約半年の欠場が決定した。 前回の首に続き、今回は胸。再びの長期欠場を余儀なくされた訳だが、前回とは欠場期間の動きが異…

エル・デスペラードの挑戦表明が正論過ぎて感動

エル・デスペラードの挑戦表明が正論過ぎて感動した。 2021年2月26日、新日本プロレスは後楽園ホール大会を開催した。 メインイベントは急遽決定した、エル・ファタズモ選手&石森太二選手VS金丸義信選手&エル・デスペラード選手の「IWGPジュニアヘビー級選…

SHO「IWGPジュニア、そしてこの新日本ジュニア。メッチャ楽しいな!」

SHO「IWGPジュニア、そしてこの新日本ジュニア。メッチャ楽しいな!」 2021年2月10日、新日本プロレスの広島大会1日目。 メインイベントは“王者”高橋ヒロム選手とSHO選手の「IWGPジュニア選手権試合」だ。 1日目のメインはジュニアかつ“生え抜き”の戦い。2日…

石森太二と高橋ヒロムのTwitterとYouTubeによる前哨戦

石森太二と高橋ヒロムのTwitterとYouTubeによる前哨戦について書きたい。 2018年3月にプロレスリング・ノアを退団後、タマ・トンガ選手に導かれる形で“バレットクラブ”入りを果たした石森太二選手。 新日本プロレスのリングに本格参戦を果たすと、いきなり「…

髙橋ヒロム復帰へ!「世界中のみんな待たせたな!」

髙橋ヒロム復帰へ!「世界中のみんな待たせたな!」そして、ウィル・オスプレイに挑戦表明を果たした。 2019年11月3日に開催された「保険見直し本舗 Presents POWERSTRUGGLE ~SUPER Jr. TAGLEAGUE 2019~」。そのセミファイナルでビッグサプライズは起こっ…

BUSHIの乱入行為はどう捉えればいいのか

BUSHIの乱入行為はどう捉えればいいのか。まさに寝耳に水、藪から棒だ。僕がプロレスをキチンと見始めた2017年からの約3年間で初の出来事であり、いくら想像の範囲内ではあったとは言え、本当にやるとは思わなかった。 だって、それは今の新日本プロレスにお…

石森太二VSドラゴン・リー!IWGPジュニアヘビー級ベルトの行方

石森太二VSドラゴン・リーの試合がいよいよ開催される。IWGPジュニアヘビー級ベルトの行方を占う運命の一戦だ。 「IWGPジュニアヘビー級選手権試合」が新日本プロレスのメインイベントで行われるのは、約1年振りだ。 「レスリングどんたく」福岡・福岡国際セ…

KUSHIDAがWWEへ!スーパースターに期待したいこと

新日本プロレスがMSG「G1 SUPERCARD」控えた4月6日、日本から離れた海の向こうの団体が僕たちにとって重大な発表を行った。 KUSHIDAがWWEのNXTと正式契約を締結したのである。 “あっちの団体”でスーパースターとなったKUSHIDA選手。 リングネームは今のとこ…

獣神サンダー・ライガーが引退を発表。プロレスをエンジョイするということ

獣神サンダー・ライガーに学ぶ、プロレスをエンジョイするということ。今日はここについて考えてみたい。 追記 2019年3月7日。獣神サンダー・ライガー選手が引退を発表した。 新日本プロレスの旗揚げ記念日に獣神サンダー・ライガーが石森太二選手との「IWGP…