【ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア27】星取表&出場選手まとめ

『ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア27(BEST OF THE SUPER Jr. )』は新日本プロレスが毎年春に開始するジュニアヘビー級選手の祭典です。1988年に『トップ・オブ・ザ・スーパー・ジュニア(TOP OF THE SUPER Jr.)』が開催されて以降、1991年から1993年まで連続開催されていました。1994年からは『ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア(BEST OF THE SUPER Jr. )』に名称を変更、以降例年開催されています。

ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア27の星取表と出場選手が発表され次第、最新情報を掲載していきます。※現在、大会の中止(延期)が発表されています。※追記、2020年10月6日にベスト・オブ・ザ・スーパージュニア27の開催が発表されました!2020年は1リーグ10選手が総当り戦となりました。また、大会開始までベスト・オブ・ザ・スーパージュニア26の結果もお伝えします。

ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア27エントリー選手

  • 田口隆祐選手
  • マスター・ワト選手
  • SHO選手
  • ロビー・イーグルス選手
  • 金丸義信選手
  • エル・デスペラード選手
  • DOUKI選手
  • 高椅ヒロム選手
  • BUSHI選手
  • 石森太二選手
  • ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア 歴代優勝者

    • 第1回 獣神サンダー・ライガー選手
    • 第2回 ワイルド・ペガサス選手
    • 第3回 ブラックタイガー選手
    • 第4回 エル・サムライ選手
    • 第5回 金本浩二選手
    • 第6回 ケンドー・カシン選手
    • 第7回 高岩竜一選手
    • 第8回 獣神サンダー・ライガー選手
    • 第9回 金本浩二選手
    • 第10回 垣原賢人選手
    • 第11回 タイガーマスク選手
    • 第12回 タイガーマスク選手
    • 第13回 稔選手
    • 第14回 ミラノコレクションA.T.選手
    • 第15回 井上亘選手
    • 第16回 金本浩二選手
    • 第17回 プリンス・デヴィット選手
    • 第18回 飯伏幸太選手
    • 第19回 田口隆祐選手
    • 第20回 プリンス・デヴィット選手
    • 第21回 リコシェ選手
    • 第22回 KUSHIDA選手
    • 第23回 ウィル・オスプレイ選手
    • 第24回 KUSHIDA選手
    • 第25回 髙橋ヒロム選手
    • 第26回 ウィル・オスプレイ選手
    • 第27回 高橋ヒロム選手



高橋ヒロムだって、髙橋広夢じゃない。ならず者だって....

高橋ヒロムだって、髙橋広夢じゃない。ならず者だって....あの頃の彼じゃない。 2020年のベストバウトは高橋ヒロムVSエル・デスペラードだった。 「中止ではなく延期」高橋ヒロム選手はずっとこの主張を貫いてきた。願えば叶う。祈りは届く。 『ベスト・オブ…

SHO「いましか見てねぇんだよ!」“同級生”対決に感動

2020年12月2日。新日本プロレスの「大阪・大阪市中央体育館・メインアリーナ(丸善インテックアリーナ大阪)」大会で新日本プロレス生え抜き同士のメインイベントが行われた。 「ベスト・オブ・ザ・ジュニア27」公式戦。“ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポ…

やっぱりロビー・イーグルスが好きだ

やっぱりロビー・イーグルスが好きだって話をか書いていきたい。 「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア27」もいよいよ終盤戦に突入。 2020年11月29日の後楽園ホール大会が終わった段階で、いよいよ優勝決定戦に進出するレスラーも絞られてきた。 現在、トッ…

エル・デスペラードの矜持と優勝へのデスロード

エル・デスペラードの矜持と優勝へのデスロード。 2017年。僕がプロレスにハマった時期の「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア」で目立っていたのは、高橋ヒロム選手、KUSHIDA選手、ウィル・オスプレイ選手、リコシェ選手、田口隆祐選手、そしてタイチ選手…

「ワールドタッグリーグ2020」&「ベスト・オブ・スーパージュニア27」後半戦へ

「ワールドタッグリーグ2020」&「ベスト・オブ・スーパージュニア27」後半戦へ突入する。 2020年も残すところ約1ヶ月。新日本プロレスも着々と東京ドームに向けて本格的な動きがスタートしている。 既に東京ドームでの試合が確定しているのは以下のレスラー…

上村優也が高橋ヒロムから“ヤングライオン卒業”の太鼓判

上村優也が高橋ヒロムから“ヤングライオン卒業”の太鼓判を押された。 新日本プロレスジュニアを代表する新世代のカリスマと僕がプロレスを見始めてから最高のヤングライオンが「ベスト・オブ・スーパージュニア」で激突した日。 いつかこの公式戦が大きな意…

SHOが田口隆祐に劇的勝利!相手の土俵で己のスタイルを貫く

SHOが田口隆祐に劇的勝利!相手の土俵で己のスタイルを貫く。石井智宏選手を彷彿とさせるようなスタンスに、ここからの飛躍を期待せずにいられない。 正直言って、ギリギリまで追い詰めることには成功するが田口隆祐選手に軍配が上がるだらうと思って試合を…

今、新日本プロレスで一番アツいのはDOUKIである

今、新日本プロレスで一番熱いのはDOUKIである。ふと、そんなことを思ってしまったという話です。 Twitterでご覧になられた皆さん。ご心配をお掛けしました。無事、鍵を回収し家の中でこのコラムを書いています。 ただし、眠い...。とにかく眠い。今日は新日…

マスター・ワトは『スーパージュニア』で結果を残す必要がある

マスター・ワトは『スーパージュニア』で結果を残す必要があるという話を書きたい。 近年の新日本プロレスで最もインパクトを残した凱旋帰国は誰?と聞かれたら僕はグレート-O-カーン選手だと応える。 勝手に海外遠征(イギリス侵略)へ旅立ち、無敗での凱旋…

『SUPER Jr.』の優勝候補にSHOを激推しするという話

『SUPER Jr.』の優勝候補にSHOを激推しするという話を書いていきたい。 いよいよ明日からスターとする『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』。 ジュニアとタッグの祭典が奇跡の同時開催。ジュニアとヘビーがそれぞれ競い合うという意味では…

上村優也のサプライズ参戦!こういうのは理屈じゃない

上村優也のサプライズ参戦!こういうのは理屈じゃない。 金丸義信選手の欠場を素直に寂しがり、上村優也選手のサプライズ参戦を応援する。それだけでいいのだ。 まさに青天の霹靂だった。 2020年11月12日。新日本プロレスは「鈴木軍」の“ヒールマスター”金丸…

高橋ヒロムと石森太二の「スーパージュニア」開幕戦に注目!

いよいよ2020年11月15日からスタートする「WORLD いTAG LEAGUE 2020 & BESTOF THE SUPER Jr.27」。 史上初の同時開催。東京ドームへの最後の切符をかけたレスラーたちの熱い戦いがはじまろうとしている。 今日はそんなシリーズ初戦でメインイベントを掴み取…

「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア27」エントリー選手を予想してみる

金丸義信選手&エル・デスペラード選手VS高橋ヒロム選手&BUSHI選手の『IWGPジュニアタッグ級選手権試合』は“鈴木軍”の2人に軍配が上がった。 実は昨晩、諸々の事情が重なってこの試合をまだ見ることができていない。結果を先に知るのはよくない...と思いつつ…

上村優也が胸に抱く危機感の正体と解決策について

上村優也が胸に抱く危機感の正体とは何か。 そのモヤモヤした何かについて考えてみたい。 “ヤングライオン”上村優也選手は今、自分自身の状況について大きな課題を感じているように思う。 改めて上村優也選手の現状について考えてみたい。 2017年4月10日に入…

高橋ヒロムがベスト・オブ・ザ・スーパージュニア27を延期だと言った理由

高橋ヒロムがベスト・オブ・ザ・スーパージュニア27を延期だと言った理由について書きます。 2020年5月6日、新日本プロレスが「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア27」の大会中止を発表しました。 正直、辛いっす。マジでキツいっす。だって、「ベスト・オ…

SHOが完全覚醒した伝説の2試合を振り返る

SHOが完全覚醒した伝説の2試合を振り返る。 気付けば新日本プロレスのジュニア戦士の中でも、最も注目を集めるレスラーの1人になった「IWGPジュニアタッグ王者」“ロッポンギ3K”のSHO選手。 ヤングライオン時代はYOH(小松洋平)選手が一歩リードしている印象…

上村優也が高橋ヒロムの言葉に涙!?「オレをスーパージュニアに出せ」

上村優也が高橋ヒロムの言葉に涙!?「オレをスーパージュニアに出せ」 生え抜きの「IWGPジュニア王者」が新日本プロレスを担う次世代のジュニア戦士に対して、“粋なサプライズ”をプレゼントした。 2020年1月13日、愛知・名古屋国際会議場・イベントホールで…

新日本プロレスジュニア戦士たちの熱き15日間は未来への咆哮だ

新日本プロレスジュニア戦士たちの熱き15日間は未来への咆哮だ。 「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア26」の優勝決定戦が両国国技館で開催される。 現WWEのスーパースターKUSHIDA選手の悲願達成と彼の退団が発表されたのは同じ日のこと。 夢の舞台へ連れて…

ウィル・オスプレイがBOSJ26優勝!ドラゴンスレイヤーになった夜

ウィル・オスプレイがBOSJ26優勝!ドラゴンスレイヤーになった夜。この一夜は新日本プロレスの歴史に深く名を刻む時間になったと言えるだろう。 2019年6月5日、「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア26」の最終戦は両国国技館で行われた。 現在WWEのNXTでス…

ジュース・ロビンソンがジョン・モクスリーに敗れてはならないワケ

ジュース・ロビンソンがジョン・モクスリーに敗れてはならないワケについて書きたい。 2019年5月13日からスタートした「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア26」がいよいよ本日幕を閉じる。 優勝決定戦にはAブロックを全勝で突破した鷹木信悟選手、Bブロック…

タイガーマスク、石森太二が鷹木信悟に伝えたかったこと

タイガーマスク、石森太二が鷹木信悟に伝えたかったこと。その答えをファンに伝えたのが「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア26」の優勝決定戦で争うこととなったウィル・オスプレイ選手だった。 この日、岡山・ジップアリーナ岡山で“メインイベントで無敗…

田口隆祐VSウィル・オスプレイは約束された名勝負である

田口隆祐VSウィル・オスプレイは約束された名勝負である。 高次元のテクニックと無尽蔵のスタミナ(走るとすぐにバテるが)を持ちながら昼行灯のようなキャラクターで時折意味不明な発言を繰り返す田口隆祐選手。 圧倒的な身体能力でハイフライヤー2.0とも言…

鷹木信悟が全勝!負けられない男が新日本プロレスを登り続ける

鷹木信悟が全勝!負けられない男が新日本プロレスを登り続ける。 「ロス・インゴブレナブレス・デ・ハポン」“ザ・ドラゴン”鷹木信悟選手がAブロックで勝点18をマーク。全勝でリーグ戦を終える結果となった。 タイチ選手が「物言いだよ。絶対体重が100キロ超…

タイチとYOHちゃん。新日本プロレスの急展開に胸が高鳴る。

タイチとYOHちゃん。新日本プロレスの急展開に胸が高鳴る。 「NEVER無差別級王者」と「IWGPジュニアタッグ王者」。“無差別級”の場外乱闘が始まる機運が高まってきた。 「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア26」に突入して以降、ユニオーネ(ミラノコレクシ…

エル・ファンタズモとDOUKI!2人の悪がBブロックに与える影響

エル・ファンタズモとDOUKI!2人の悪がBブロックに与える影響について考えてみたい。 「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア26」のAブロックはいよいよ最終戦を残すのみ。自力での優勝決定戦進出は、これまで全勝の鷹木信悟選手と一敗の石森太二選手に絞られ…

ストップ・ザ・鷹木信悟!Aブロックの激闘は続く

ストップ・ザ・鷹木信悟!Aブロックの激闘は続く。 新日本プロレスジュニア春の祭典。「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア26」のAブロックは1人のレスラーが先行、逃げ切り、無敗、全勝で我道驀進を成し遂げている。 そう、鷹木信悟選手である。 「ドラゴ…

田口隆祐と成田蓮!スーパージュニアらしくない試合の価値

田口隆祐と成田蓮のスーパージュニアらしくない試合の価値について書いてみたい。 「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア26」で初出場を果たした成田蓮選手。 フィリップ・ゴードン選手のビザトラブルの影響があっての繰り上がり選出という形ではあったが、…

新日本プロレスのロビー・イーグルスが凄い!

新日本プロレスのロビー・イーグルスが凄い! 「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア26」の初日、メインイベントで勝利を掴んだのは現「IWGPジュニアヘビー級王者」ドラゴン・リー選手を破った石森太二選手だった。 そして、この日のメインイベントでも評価…

TAKAみちのく欠場へ!プロフェッショナルの凄みを感じた日

TAKAみちのく欠場へ!プロフェッショナルの凄みを感じた日について改めて書きたい。 激闘が続く新日本プロレスジュニア春の祭典。 激しい試合は多くの選手たちにダメージを残していき、テーピングを巻いている姿の選手や弱点を露呈しないよう我慢している姿…

新日本プロレスのロッキーが目指すのは両国国技館大会の大成功である

新日本プロレスのロッキーが後楽園ホールを締めた夜。 大番狂わせ。大金星。ビックサプライズ。今、最も「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア26」のBブロックで勢いのあるレスラーの一人である「バレットクラブ」エル・ファンタズモ選手から「CHAOS」ロッキ…