「鷹木信悟」の最新・人気情報まとめ




飯伏幸太が語ったオスプレイになくて鷹木信悟にあるもの

飯伏幸太が語ったオスプレイになくて鷹木信悟にあるものについて考えてみたい。 2021年3月30日、「Road to SAKURA GENESIS 2021」後楽園ホール大会のメインイベントで勝利を飾った飯伏幸太選手。 今週末に迫った「IWGP世界ヘビー級選手権試合」のチャレンジ…

ウィル・オスプレイがビー・プレストリーを捨てた理由

ウィル・オスプレイがビー・プレストリーを捨てた理由について考えてみたい。 2019年の「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア」決勝は“ドラゴン・スレイヤー”ウィル・オスプレイ選手が新日本プロレスで暴れ回る“無敗の龍”鷹木信悟選手を討伐する試合だった。…

KENTA対鷹木信悟!新日本プロレス頂上“舌戦”勃発中

KENTA対鷹木信悟!新日本プロレス頂上“舌戦”勃発中。 タイトル通りの話である。 「ニュージャパンカップ2021」の3回戦で激突することになった“ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン”鷹木信悟選手と“バレットクラブ”のKENTA選手。 いよいよ、現在の新日本プ…

鷹木信悟待望論が急浮上!品のあるアスリートプロレスの申し子!

鷹木信悟待望論が急浮上!春の登り龍が神を喰うか? 「マジか...」 レインメーカーが切り返され、鷹木信悟選手の“ラスト・オブ・ザ・ドラゴン”が完璧に決まった。 観客は声を出せない状況下だったが、声を失っているかのよう。 鷹木信悟選手云々の問題ではな…

内藤哲也が鷹木信悟とタッグ戦線で暴れまわる説

内藤哲也が鷹木信悟とタッグ戦線で暴れまわる説を書いていきたいと思う。 元二冠王と元NEVER無差別級王者が「IWGPタッグ」戦線に参入。もしも、僕の妄想が現実になれば、タッグの図式は大きく塗り替わることなるに違いない。 今回のシリーズをノーテーマで過…

“NEVER王者”棚橋弘至が見た、鷹木信悟の世界

“NEVER王者”棚橋弘至が見た、鷹木信悟の世界について書きたい。 濃厚過ぎる35分40秒だった。 ガッツリと多幸感に包まれつつ、余韻に浸りたいという気持ちこそグレート-O-カーン選手にぶち壊されたが、この試合の価値が下がった訳では全くない。 2021年1月30…

新日本プロレスの3人のチャンピオンが引き出しているもの

新日本プロレスの3人のチャンピオンが引き出しているものについて書きたい。 新日本プロレスのエースである棚橋弘至選手は「前哨戦とはチャレンジャーが盛り上げるもの」だと先日公開された自身のポッドキャストで語っていた。 それを聴いた時「確かに」。と…

棚橋弘至と鷹木信悟!2度目の“NEVER”に期待

棚橋弘至と鷹木信悟!2度目の“NEVER”に期待が高まり始めた。 2020年1月6日新日本プロレスが 「よそ見してんじゃねぇぞ!この野郎!」とコーナーで待機する棚橋弘至選手を襲撃。 対角線に立つ棚橋弘至選手を明らかに意識した行動と言動はまだまだ続く。 一方…

鷹木信悟「良いことも悪いことも勝ちも負けも全て自分の為」。やっぱりジャイアンは器がデカい

新日本プロレスのジャイアン対決について書いていきます。 2020年の大晦日。皆さまいかがお過ごしでしょうか。 今の時刻は6時22分。昨晩は忘年会後、ベッドになだれ込んでこの時間に起きました。 さて、2020年最後のNJPWFUNでございます。 まず、これが年内…

鷹木式ノーコメントが炸裂!SANADAの新恋女房が冷静と情熱の間で吼える

鷹木式ノーコメントが炸裂!SANADAの3連覇へ新恋女房が吼える。 2020年11月19日、新日本プロレスの後楽園ホール大会のメインイベントは「IWGPタッグ王者」タイチ選手&ザック・セイバーJr.選手と“ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン”鷹木信悟選手&SANADA…

オカダ・カズチカとマネークリップと鷹木式レインメーカー

オカダ・カズチカとマネークリップと鷹木式レインメーカーについて書きたい。 『G1クライマックス30』もいよいよ後半戦に突入。舞台は関西へ。更なる激闘の予感が漂っている。 2020年10月10日、13日。“レインメーカー”オカダカズチカ選手の対角線に立つのは“…

なぜ、飯伏幸太は鷹木信悟に敗れたのか?

なぜ、飯伏幸太は鷹木信悟に敗れたのか?勝負の明暗を分けた鷹木信悟のカミゴェ破りに感じた正当性について書いていきたい。 現在の新日本プロレスを牽引している昭和57年会の2人(鷹木信悟選手と飯伏幸太選手)による直接対決が実現した。 団体は違えど2004…

“GOAT”ウィル・オスプレイが再び鷹木信悟(ドラゴン)退治へ

“GOAT”ウィル・オスプレイが再び鷹木信悟(ドラゴン)退治へ挑む。 近年の新日本プロレスで最も変化した人物はだれか?と聞かれれば、間違いなくウィル・オスプレイ選手と僕は答える。 オカダ・カズチカ選手に導かれ、新日本プロレスに参戦したウィル・オス…

辻陽太が鷹木信悟へラブコール!「刺激なプロレスを教えて欲しい」

辻陽太が鷹木信悟へラブコール!「刺激なプロレスを教えて欲しい」。 「NEVER無差別」、「NEVER無差別6人タッグ」を同時戴冠し、文字通り新しい「NEVERの申し子」となった鷹木信悟選手。 EVIL選手の離反による返上と鈴木みのる選手の力により丸腰となってし…

鈴木みのると鷹木信悟に電流爆破は必要なかった

鈴木みのると鷹木信悟に電流爆破は必要なかった。これが一晩経ってみての感想だ。 新日本プロレスが21年振りとなる明治神宮野球場大会を開催した。 対戦カードは全6試合。社会的な情勢もあり、満員御礼とはいかない状況ではあるが、開放感のある中でプロレス…

鷹木信悟VS鈴木みのるはイデオロギーを懸けた戦いになる?

鷹木信悟VS鈴木みのるはイデオロギーを懸けた戦いになる? 2020年8月29日に明治神宮野球で開催される「D4DJ Groovy Mix PresentsSUMMER STRUGGLE in JINGU」。 新日本プロレスにとって21年振りの会場。 前回はグレート・ムタ選手とグレート・ニタ選手の電流…

“鷹木劇場”の幕開けなるか!?神宮での電離爆破に期待大

鷹木劇場”の幕開けなるか!?神宮での電流爆破について書きたい。 新日本プロレス「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」の鷹木信悟選手がまさか、まさかの電離爆破のプランをぶち上げた。 いや、知ってはいましたよ。 鷹木信悟選手が大仁田厚選手に影響…

鷹木信悟が明治神宮野球場で戦う相手とは?

鷹木信悟が明治神宮野球場で戦う相手とは一体誰なのか? 「鈴木軍」エル・デスペラード選手との防衛戦を勝利し、V3を達成した現『NEVER無差別級王者』鷹木信悟選手。 EVIL選手には内藤哲也選手、高橋ヒロム選手には石森太二選手が挑戦表明を続ける中で、いま…

なぜ、新日本プロレスのヘビーVSジュニアは盛り上がりまくったのか?

なぜ、新日本プロレスのヘビーVSジュニアは盛り上がりまくったのか? 名古屋でのビッグマッチを翌日に控える2020年7月24日。明日には現「IWGPヘビー級&インターコンチネンタル」Wチャンピオン“キング・オブ・ダークネス”EVIL選手VS「IWGPジュニアヘビー級」…

エル・デスペラードの「NEVER無差別級」挑戦に期待しかないワケ

エル・デスペラード選手が鷹木信悟選手の花道を強襲した時、いよいよ来たなと思った。 2017年に高橋ヒロム選手が凱旋帰国して以降、エル・デスペラード選手の魅力もストップ高を何度も記録してきた。 今ではすっかり飯塚高史選手の手綱を握っていた面影はな…

鷹木信悟がバレットクラブへ移籍するメリットを考察

鷹木信悟がバレットクラブへ移籍するメリットを考察してみる。 EVIL選手「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」を離脱し、「バレットクラブ」へ合流。 裏切り、離反、ユニット移籍。 今振り返ると2018年のジェイ・ホワイト選手&外道選手&邪道選手が最後…

『NEVER』で生まれたSHOと鷹木信悟のラブストーリー

『NEVER』で生まれたSHOと鷹木信悟のラブストーリーについて書く。 2018年。新日本プロレスは3年振りとなる“恋人”の再会に沸いていた。DDTプロレスリングで出逢った2人はタッグチームを結成し、ジュニア界を席巻した。 “ゴールデン☆ラヴァーズ”。この2人の関…

今の新日本プロレスで単純なヘビーVSジュニアという構図は通用しない

今の新日本プロレスで単純なヘビーVSジュニアという構図は通用しない理由を書いていきたい。 昨今の新日本プロレスには様々な価値観がある。4本存在する「IWGPシングルベルト」の棲み分けや「NEVER」を舞台にした“無差別級”の定義。まだまだ他にもたくさんあ…

SHOがもう一つ乗り越えなければならない壁

SHOがもう一つ乗り越えなければならない壁について書きたい。 2020年の「ニュージャパンカップ」にジュニア戦士がエントリーすることが発表され、真っ先に注目を集めたのがこの対戦カードだろう。 「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」鷹木信悟選手VS「…

鷹木式ファスティングに挑戦中なので感想を書く

鷹木式ファスティングに挑戦中なので感想を書いていきます。 緊急事態宣言も延長され、新日本プロレスはこれからどうなるのか。 プロレスリング・ノアやDDTプロレスリングがTVマッチに挑む中、新日本プロレスはどんな一手を打つのでしょう。 僕たちファンは…

SHOが完全覚醒した伝説の2試合を振り返る

SHOが完全覚醒した伝説の2試合を振り返る。 気付けば新日本プロレスのジュニア戦士の中でも、最も注目を集めるレスラーの1人になった「IWGPジュニアタッグ王者」“ロッポンギ3K”のSHO選手。 ヤングライオン時代はYOH(小松洋平)選手が一歩リードしている印象…

なぜ、鷹木信悟はジャイアンと呼ばれるのか?

なぜ、鷹木信悟はジャイアンと呼ばれるのか? 新日本プロレスの大会が自粛されているなか、改めてこの謎について迫ってみたいと思う。 結論から書くと最初に鷹木信悟選手をジャイアンと呼んだのは解説席でお馴染みのミラノ・コレクションA.T.さんらしい。 新…

ロス・インゴブレナブレス・デ・ハポンの変化に驚愕

ロス・インゴブレナブレス・デ・ハポンの変化に驚愕している。まぁ、別に決して悪い話しではないのだが。 先日、新日本プロレストゥギャザープロジェクトの一環として、内藤哲也選手と高橋ヒロム選手のトークショーや「ロス・インゴブレナブレス・デ・ハポン…

鷹木信悟が楽しめる相手を予想してみた

鷹木信悟が楽しめる相手を予想してみた。 2020年2月、タイガー服部さん、中西学さんの引退に注目が集まった新日本プロレス。笑いあり、涙あり、サプライズあり。色々な人の心に残る引退ロードの裏で、『NEVER』の二冠王・鷹木信悟選手が荒ぶっている。 テー…

なぜ、鷹木信悟は石井智宏の挑戦を受け入れたのか?

なぜ、鷹木信悟は石井智宏の挑戦を受け入れたのか?その理由を考えていたら、結果的にタイチ 選手とEVIL選手に話が飛躍してしまった。 新日本プロレスが2月7日に開催した後楽園ホール大会で現王者・鷹木信悟選手が「NEVER無差別級」の挑戦者を石井智宏選手に…