「海野翔太」の最新・人気情報まとめ

海野翔太がイギリスへ!海外遠征へと向かう若獅子への手紙

海野翔太がイギリスへ!海外遠征へと向かう若獅子への手紙を書いてみた。 そう、今回は特に後半から手紙である。であれば、書き出しはこうはじめなければならないだろう。拝啓、海野翔太選手、と。 僕にとって海野翔太選手はとても想い出深いヤングライオン…

鬼神ライガー降臨!ジェイ・ホワイトが「IWGPインターコンチネンタル王者」へ!

鬼神ライガー降臨!ジェイ・ホワイトが「IWGPインターコンチネンタル王者」へ! いやはやとんでもない大会だった。 ヤングライオン杯争奪トーナメントの優勝者がカール・フレドリックス選手に決まったり、鬼神ライガーが姿を現したりと、盛り上がった熱が冷…

ヤングライオン杯優勝の行方が3選手に絞られた

ヤングライオン杯優勝の行方が3選手に絞られた。 単なるヤングライオン同士のぶつかり合いではなく、道場同士の尊厳を懸けた戦いが繰り広げられているヤングライオン杯争奪リーグ戦。 始まった当初、目を見張ったのはLA道場出身の“青い目”のヤングライオンた…

内藤哲也が海野翔太に喝!?制御不能男からの手荒いエールか?

内藤哲也が海野翔太に喝!?制御不能男からの手荒いエールか?2019年9月5日に行われた後楽園ホール大会の試合後、僕は何となくそんな気がしたのである。 「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」“制御不能なカリスマ”内藤哲也選手は時折、ユニットの垣根を…

ヤングライオン杯で辻陽太は目標を叶えるチャンスを掴み取れるか?

ヤングライオン杯で辻陽太は目標を叶えるチャンスを掴み取れるか? 令和初となる秋に辻陽太選手の魅力が爆発する展開が待ち受けているのかもしれない。 新日本プロレスは野毛、LA、ファレそれぞれの道場出身者による前代未聞のヤングライオン杯を発表した。 …

BUSHIと海野翔太のシングルマッチにどんな意味があったのか

BUSHIと海野翔太のシングルマッチにどんな意味があったのか? 新日本プロレスは「スーパーJカップ2019」の真っ只中。昨日行われたトーナメントで4人のレスラーに優勝者が絞られることとなった。 優勝候補の筆頭はウィル・オスプレイ選手。「G1クライマックス…

ジョン・モクスリーと海野翔太が新日本プロレスの歴史を変える

ジョン・モクスリーと海野翔太が新日本プロレスの歴史を変える可能性について考えてみたい。 現在、新日本プロレスは真夏の最強戦士決定戦「G1クライマックス29」の真っ只中。 2019年7月18日の本日から、後楽園ホール三連戦がスタートする。 連日に及ぶ激戦…

日米ヤングライオン対決と辻陽太の言葉

日米ヤングライオン対決と辻陽太の言葉について書きたい。 LA道場のヘッドコーチ柴田勝頼選手が作り上げだ青い目のヤングライオンたちは、野毛道場で育った純正培養の若獅子と同等以上に伝統的な新日本プロレスのDNAを持つレスラーに育っていた。 「G1クライ…

新日本プロレス「DOMINION 6.9」のサプライズまとめ

新日本プロレス「DOMINION 6.9」のサプライズをまとめたい。いやはや色んなことが詰まった大会だった。 何から書いていいのか迷うレベルなので、今回は今後につながるストーリーを全て記載していきたいと思う。 結論から言えば、新日本プロレスはまだまだ伸…

ジョン・モクスリーVS海野翔太に鈴木みのるは割って入るか?

ジョン・モクスリーVS海野翔太に鈴木みのるは割って入るか? 「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア26」の興奮冷めやらぬ中、新日本プロレスは戦いの舞台を両国から大阪へ移動する。 2019年6月9日「DOMINION」大阪城ホール大会だ。今大会の対戦カードが発表…

海野翔太と成田蓮。新日本プロレスの未来に向けた2人の対比

海野翔太選手が「ニュージャパンカップ2019」にエントリー。まだ早いという思いとは裏腹にある種の期待を持ってしまう僕がいた。 僕が心から愛する高橋裕二郎選手。彼のいない新日本プロレスは非常に寂しく、何か一つ物足りない感覚もある。 そんな日常に大…

田口隆祐がタカタイチマニアに参戦か!?

『第69代IWGPジュニアヘビー級チャンピオン』新日本プロレスの田口隆祐選手がタイチ選手、TAKAみちのく選手、あべみほさんに加えて、海野翔太選手ともTwitterで激論を交わしている。 火種となったのは、6時9分に投稿されたタイチ選手のツイートである。 『バ…

海野翔太と鷹木信悟の一戦は海外遠征への最終準備なのか?

新日本プロレスの2018年最終シリーズが例年通り、聖地・後楽園で行われる。 12月14日の対戦カードも魅力的なカードが目白押しだ。メインイベントでは中々肌の触れる機会がなかったケニー・オメガ選手と棚橋弘至選手が激突。セミファイナルはオカダ・カズチカ…

海野翔太選手と吉田綾斗選手は、棚橋弘至選手と中邑真輔選手以上のライバル関係になれるか?

現在、新日本プロレスの第一試合が白熱している。 ヤングライオン同士の前座試合などではない。第一試合から会場に足を踏み入れたお客様、『新日本プロレスワールド』で観戦しているファンの目を釘付けにするバチバチの好勝負が連発されているのだ。 若手同…

海野翔太選手の海外遠征について考えてみる

これから数年後、ヤングライオン・海野翔太選手が海外遠征から凱旋帰国し、旋風を巻き起こすという考察である。 2015年、2016年、2017年。 3年連続で新日本プロレスには凱旋試合があった。 2015年 “キング・オブ・ダークネス”EVIL選手 2016年 髙橋ヒロム選手…