「棚橋弘至」の最新・人気情報まとめ




棚橋弘至が心を洗われた言葉『死ぬまでギブアップしないから』

棚橋弘至が心を洗われた言葉『死ぬまでギブアップしないから』。 「ワールドタッグリーグ2020」がスタートして既に4戦が終了した。 前回の優勝決定戦進出ラインが2敗。今回はよりシビアな戦いが求められるという意味で言えば、既に優勝の明暗が分かれてきた…

新日本プロレスファンが映画『鬼滅の刃』について書いたら棚橋弘至の話になった

新日本プロレスファンが映画『鬼滅の刃』について書いたら棚橋弘至の話になった。 昨日の朝、ようやく『鬼滅の刃』の映画を見た。 映画館を出ると、鬼滅の刃ハラスメント(キメハラ)なる言葉が話題になっていた。爆発的な人気になるとあの手この手で話題を…

棚橋弘至とSANADAの『G1』が素晴らしすぎた

棚橋弘至とSANADAの『G1』が素晴らしすぎた。 2020年10月14日。新日本プロレスが2020年7月に開館した横浜武道館での初興行を行なった。 新日本プロレスワールドで観戦していると通常の会場よりも少し絵面が暗い印象。これは、じっくりと試合を見て欲しいとい…

後藤洋央紀が棚橋弘至に『G1』初勝利を飾れたワケ

後藤洋央紀が棚橋弘至に『G1クライマックス』初勝利できたワケについて考えてみたい。 以前、棚橋弘至選手が新日本プロレスが再び息を吹き返すことになったキッカケの試合について語っていたことがある。 2007年11月11日 両国国技館 第9試合 IWGPヘビー級選…

『G1クライマックス30』のバクステ感動コメントまとめ

『G1クライマックス30』のバクステ感動コメントをまとめてみる。 2020年。初の秋開催となった新日本プロレスのヘビー級最強戦士決定戦『G1クライマックス』。 まだまだリーグ戦を勝ち抜くレスラーは見えて来ないが、既に脱落が決まった選手も出てきてしまっ…

棚橋弘至の未来にさまざまな想いが交錯している

棚橋弘至の未来にさまざまな想いが交錯している。 先日の「G1クライマックス30」でYOSHI-HASHI選手と棚橋弘至選手が試合後に話していた内容が明らかになった。 「俺が勝つまで辞めないでください」 ドラマですか?それとも大河ドラマですか? あんな素晴らし…

YOSHI-HASHIが新日本プロレスの主役になる日

YOSHI-HASHIが新日本プロレスの主役になる日は近い。「G1クライマックス」の公式戦が進むたびにそんな気持ちにさせられてしまう。 先日の棚橋弘至選手とYOSHI-HASHI選手の試合を見て、確信した。YOSHI-HASHI選手がいよいよ本当に覚醒した、と。 素人の意見で…

新日本プロレスファンに伝えたい『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』

新日本プロレスファンに伝えたい『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』。 今日は久しぶりに映画の話をしましょうか。2020年9月18日に封切られた映画『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』に足を運んできました。 元々、Netflixで配信されていたシリー…

棚橋弘至と秋のG1クライマックスとBE THE ONE

棚橋弘至と秋のG1クライマックスとBE THE ONE。 「BE THE ONE」。直訳すると「一つになる」という意味になる。 まぁ、このタイトルを見た瞬間多くの人間が「仮面ライダービルド」を想い出したことだろう。 僕もその1人だ。そして、あなたがこよなく愛する平…

棚橋弘至は今でも“神”だよって話

棚橋弘至は今でも“神”だよって話を書きたい。 “デンジャラスデッカーズ”+金丸義信選手との死闘を自らの手で制した棚橋弘至選手。2020年8月9日にはいよいよ「IWGPタッグ」へのリマッチの機運が高まるなど、完全復活へ秒読み段階に入った。 今日は、一夏に起こ…

『NJPW STRONG』スタートの日に柴田勝頼へ想いを馳せる

『NJPW STRONG』スタートの日に柴田勝頼へ想いを馳せる。 2020年8月8日から新日本プロレスワールドで配信がスタートする『NJPW STRONG #1 LEC Presents NEW JAPAN CUP 2020 in the USA First-Round』。 “日本の新日本プロレス”が『NEVER無差別級6人タッグ』…

飯伏幸太との関係修復のために棚橋弘至ができること

飯伏幸太との関係修復のために棚橋弘至ができることについて書きます。 「鈴木軍」の“デンジャラス・テッカーズ”タイチ選手&ザック・セイバーJr.選手の暴れっぷりが止まりません。 “ゴールデン☆エース”からベルトを奪取すると、棚橋弘至選手を徹底攻撃。そ…

NEVER無差別級 6人タッグ王座決定トーナメントの注目チームを激語り

NEVER無差別級 6人タッグ王座決定トーナメントの注目チームを激語りしてみます。 2020年8月1日。新日本プロレスがいよいよ『NEVER無差別級 6人タッグ王座』について動きましたね。 EVIL選手が『ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン』を裏切り、『バレット…

棚橋弘至が絶不調!?飯伏幸太の苦言とタッグチームの難しさ

棚橋弘至が絶不調!?飯伏幸太の苦言とタッグチームの難しさについて書きます。 Hey Brother! 調子はどうだい!?いや〜。疲れは一日じゃ抜けないですね...。昨日も昨日で中々ハードデイでした。 中々いろんなことが起きますね。そんなこんなで今の時刻は朝…

オカダ・カズチカとアントニオ猪木。そして、3人のストロングスタイル

オカダ・カズチカとアントニオ猪木。そして、ストロングスタイルについて考えてみたい。 2020年7月2日発売となる「Number」の表紙にプロレスファンは度肝を抜かれたと思う。 右に現在の新日本プロレスを象徴するレスラーの“レインメーカー”オカダ・カズチカ…

棚橋弘至、タイチ戦のショックでヤケ食いか!?

2020年6月22日、新日本プロレス“100年に一人の逸材”棚橋弘至選手は『ニュージャパンカップ2020』の一回戦にエントリーを果たした。 対角線に立つレスラーは『鈴木軍』“愛を捨てた聖帝”タイチ選手。ヘビー級に転向後、三度目となる春のトーナメントにあたり最…

棚橋弘至「跳び続けてきた過去に後悔はない」で仮面ライダーオーズを想い出す

棚橋弘至の「跳び続けてきた過去に後悔はない」という言葉に感動したので、新日本プロレスが再スタートを切った記念すべき金曜日の夜にしっかりと書き残しておきたい。 突然だはあるが、僕は仮面ライダーオーズが好きだ。これまで平成仮面ライダーは全作見て…

新日本プロレスのスタッフに伝えたいこと

拝啓、新日本プロレスリング株式会社のスタッフ様。 きっとこの手紙をあなたの目には止まらないはず。ただ、万が一の可能性を考えてこの“手紙”を書きます。 まずは、新日本プロレスの再開に関しまして。 心からの感謝を込めつつ、この言葉を贈らせて下さい。…

中邑真輔が棚橋弘至に無観客試合の戦い方を助言!

中邑真輔が棚橋弘至に無観客試合の戦い方を助言した、しい。 2020年6月12日、新日本プロレスのエース“100年に一人の逸材”棚橋弘至選手のポッドキャストが何と2夜連続で更新されるというサプライズが起こった。 新日本プロレスの再始動に心躍る逸材。番組中に…

新日本プロレス試合再開を記念した動画まとめ【随時更新】

新日本プロレス試合再開を記念した動画まとめ。 いよいよ来週6月15日(月)から試合が再開となる新日本プロレス。なんと110日振りの大会ということで、レスラー、スタッフ、ファンの全員が待ち望んだプレミアムな一日になると今から期待が膨らんで仕方ない。…

宮原健斗が語った“今のプロレスファン”について

宮原健斗が語った今のプロレスファン像が深い。 先日、清野茂樹アナウンサーがパーソナリティを務める「真夜中のハーリー&レイス」に“プロレスラー”大仁田厚選手が出演していた。 還暦を過ぎてなお“邪道”と呼ばれる漢。その生き様、背中に多くの人間が影響…

棚橋弘至の脱ぽっちゃりプロジェクトと1ヶ月で5キロ痩せた方法

棚橋弘至の脱ぽっちゃりプロジェクトと1ヶ月で5キロ痩せた方法について書きたい。 いよいよ新日本プロレスのエース“100年に一人の逸材”棚橋弘至選手の計画が明らかになった。 #脱ぽっちゃりプロジェクトである。 2019年には新日本プロレスコンクルソをぶち上…

飯伏幸太、38歳の誕生日にベストバウトを3つ振り返ってみる

飯伏幸太、38歳の誕生日にベストバウトを3つ振り返ってみたいと思います。 2020年5月21日、0時のタイミングで新日本プロレスの飯伏幸太選手が自身の誕生日を祝うツイートを行いました。 38年間生きてきたことを親御さんやファン、そしてプロレスに感謝すると…

棚橋弘至の激太りには2つの理由があると考察する

棚橋弘至の激太りには2つの理由があると考察してみましたので、ここに書いていきます。 先日、天山広吉選手のツイートで新事実が明らかになりました。 新日本プロレスのエース“100年に一人の逸材”棚橋弘至選手がネタではなく、ガチで激太り路線に入っている…

新日本プロレスファンに紹介したい『左ききのエレン』

新日本プロレスファンの方々に『左ききのエレン』という漫画を紹介したい。 たまにはじまる僕が好きな作品を紹介するコラムですが、今回はアートとデザインをテーマにした作品『左ききのエレン』をピックアップしてみました。 ちなみに、今回のコラムの仮タ…

棚橋弘至の#むしろ光プロジェクトについて考えてみた結果

棚橋弘至の#むしろ光プロジェクトについて考えてみた結果、朝からひとつの試合を見る流れになった。 と、その前に近況報告をさせて欲しい。 自宅に居る時間が長くなれば長くなるほど、そこでの過ごし方にこだわって行きたくなるものだ。 僕自身、部屋の掃除…

プロレスロスのストレスが限界に来ているあなたへ

プロレスロスのストレスが限界に来ているあなたへ向けたコラムを書く。 不要不急の外出が制限され、自宅での時間が増えれば増えるほど「これは中々に厳しい」ことなのだと気付かされる。 外出をしないのと、できないのとでは大きく意味合いが異なる。 とにか…

棚橋弘至「今はダイエットするべき時期じゃない」

新日本プロレスのエース、棚橋弘至が「今はダイエットするべき時期じゃない」と自身の番組「棚橋弘至のPodcast Off!」で語った。 「進化なのか退化なのか分からない」と前置きしつつ、番組史上初となるリモートでの収録を発表。新日本プロレスの活動の自粛…

週刊プロレスのオールカラー化と飢える気持ち

『棚橋弘至のPodcast Off!』の#144に週刊プロレスの編集長・湯沢直哉さんが登場した。 “タナ番”として、逸材が欠場明けに登場した2016年7月、新編集長として出演した2017年4月など、姿を現す度に金言を残してきた湯沢直哉さん。 YouTubeに進出するレスラー…

棚橋弘至VS後藤洋央紀!伝説のベストバウトたる理由

棚橋弘至VS後藤洋央紀!伝説のベストバウトたる理由について書きたい。 「棚橋弘至緊急提言!新日本プロレス夜話〜後世に語り継ぎたい激闘列伝〜」で棚橋弘至選手が語っていた2007年11月11日の「IWGPヘビー級選手権試合」を改めて見てみた。 後藤洋央紀選手…