「新日本プロレス」の最新・人気情報まとめ

新日本プロレスに関するブログ一覧です。オカダ・カズチカや内藤哲也、ケニー・オメガ、棚橋弘至など人気のプロレスラーが揃う新日本プロレス。CHAOSやBULLET CLUB、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン、鈴木軍などのユニットが人気を博しています。新日本プロレスのチケットは現在、プラチナチケットとも言われており、ファンクラブへの入会が必須という声もあります。後楽園ホールや東京ドーム、大阪城ホールなどの試合情報や今後の考察、会場で撮影した写真やグッズ紹介などをまとめて「新日本プロレスまとめ」をお届けします!


高橋ヒロムですら意識した?KENTAによる炎上商法の恐ろしさ

高橋ヒロムですら意識した?KENTAによる炎上商法の恐ろしさについて触れておきたい。 いよいよ日本とアメリカの2ルート興行がスタートした新日本プロレス。アメリカの地では新日本プロレスのエース“100年に一人の逸材”棚橋弘至選手が「愛してま〜す」と満員…

新日本プロレスの楽しみ方を3つと今、一番言いたいこと

新日本プロレスの楽しみ方を3つと今、一番言いたいことを書く。休憩時間にTwitterを見ていたら、色々とプロレスファンの間で悲しい出来事が起こっているなぁと悲しい気持ちになった。 そもそもプロレスというジャンルは楽しみ方が人それぞれに任される余白が…

新日本プロレスによる日本&アメリカW興行の見どころをまとめてみる

新日本プロレスによる日本&アメリカW興行の見どころをまとめてみる。 「釣り★スタ presents Road toTHE NEW BEGINNING」と「THE NEW BEGINNING USA」が同時期に開催されるのだ。 いよいよ層が厚いと言われていた新日本プロレスが本領を発揮する時が来たので…

棚橋弘至の増量問題で勇気をもらいダイエットを決意した話

棚橋弘至の増量問題で勇気をもらいダイエットを決意した話を書きたい。 新日本コンクルソで5位にランクインし、2020年のイッテンゴでクリス・ジェリコ選手と激突した棚橋弘至選手。 エースVSペインメーカー。試合巧者同士のプロレスは、身体能力を武器に躍動…

KENTAの素顔と新日本プロレス所属レスラーの変化

KENTAの素顔と新日本プロレス所属レスラーへの影響について書きたい。 キッカケは些細なものだった。久しぶりにキンプロ開封動画を見たい。ただ、それだけ。それだけだったのだが、とんでもないモノを発見してしまった気がした。 KENTA選手が“帝王”高山善廣…

矢野通の「パワーみなぎる!大盛りプ飯」がめちゃくちゃ面白いので軽く触れてみる

矢野通の「パワーみなぎる!大盛りプ飯」がめちゃくちゃ面白い件について書きたい。 2020年1月21日に「cookpad Live」で「パワーみなぎる!大盛りプ飯」が配信された。 「新日本プロレス -旨さの3カウント!絶品プ飯-」がリニューアルした同番組。メインMCを…

棚橋弘至とEVILがキス!?CMLLドゥルセ・ガルデニアの恐ろしさ

棚橋弘至とEVILがキス!?CMLLドゥルセガルデニアの恐ろしさについて書きたい。2020年1月21日に幕を閉じた「NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2020」。 例年以上の盛り上がりを魅せたルチャの祭典。後楽園ホールは連日、満員札止めという結果を残した。 …

ナマハゲが発した新日本プロレスファンへの苦言は深く受け止めなければならない

ナマハゲが発した新日本プロレスファンへの苦言は深く受け止めなければならない。 2020年1月19日に後楽園ホールで開催された「JPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2020」。この日も新日本プロレスワールドで生配信が行われていたわけだが、棚橋弘至選手が「…

小島聡が偉業に挑み、棚橋弘至がヘビー級への愛を語った日

小島聡が偉業に挑み、棚橋弘至がヘビー級への愛を語った日。2020年1月19日の後楽園ホール大会は新日本プロレスを代表するナチュラル・ベビーフェイス2人が人の心を打った日となった。 セミファイナルで小島聡選手が親分”ことウルティモ・ゲレーロ選手が保有…

2020年のSANADA。本格的に輝く1年に必要なことはなんだ?

2020年のSANADA。本格的に輝くのはシングルかタッグか? 令和2年、6人中5人がベルトを持つという最高のスタートを切った「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」。 全てが順調に行くのかと思えば、「NJPW PRESENTS CMLLFANTASTICA MANIA 2020」で新しい壁…

オカダ・カズチカVS宮原健斗・清宮海斗が実現すると信じてみる

オカダ・カズチカVS宮原健斗・清宮海斗は実現すると信じてみる。 “レインメーカー”がぶち上げた新日本プロレス、全日本プロレス、プロレスリング・ノアによるオールスター対抗戦について思うことについて書きたい。 まず、この発言は確実に「IWGPベビー級王…

小島聡「ホテルで出待ちって賛否があるのか…。」に対する僕なりのアンサー

小島聡「ホテルで出待ちって賛否があるのか…。」に対する僕なりのアンサーを書きたい。 ファンによるホテルや会場での出待ち。この是非について、そして考え方について新日本プロレスのレスラー小島聡選手がファンに問い掛けた。 これは非常に難しい問題であ…

DOUKI、泥水を啜ったシンデレラボーイの涙とタイチ

DOUKI、泥水を啜ったシンデレラボーイの涙は感謝の色をしていた。これは新日本プロレスに颯爽と現れて、ファンの心を掴んだ1人の若者の物語だ。 2019年、令和初となる「ベスト・オブ・スーパージュニア26」にある1人のレスラーが緊急参戦を果たした。 参戦発…

スターダムの女子限定大会について新日本プロレスファンが考えてみた

スターダムの女子限定大会について新日本プロレスファンが考えてみた。 2020年1月13日、女子プロレス団体スターダムが2020年5月6日に東京都・新木場1stRINGで初の女子限定大会『ガールズフェス2020』の開催が決定したことを発表した。同日夜には『男性限定大…

上村優也が高橋ヒロムの言葉に涙!?「オレをスーパージュニアに出せ」

上村優也が高橋ヒロムの言葉に涙!?「オレをスーパージュニアに出せ」 生え抜きの「IWGPジュニア王者」が新日本プロレスを担う次世代のジュニア戦士に対して、“粋なサプライズ”をプレゼントした。 2020年1月13日、愛知・名古屋国際会議場・イベントホールで…

なぜ、辻陽太は海外遠征でメキシコを希望しているのか?

なぜ、辻陽太は海外遠征でメキシコを希望しているのか?2020年の「ファンタスティカマニア」のバックステージで突如、辻陽太選手の胸中が明かされた。 海外遠征。新日本プロレスのヤングライオン ならずとも海外遠征は若手レスラーがブレイクするための大切…

矢野通の日経「COMEMO」での連載で学んだこと

矢野通の日経「COMEMO」での連載で学んだことについて書きたい。 「日経COMEMO公式」で行われていた矢野通選手の連載が2020年1月10日の更新分で最終回を迎えた。 “敏腕プロデューサー”矢野通選手。2019年は「G1クライマックス」でジョン・モクスリー選手や内…

2020年、ナマハゲが再び新日本プロレスへやってきた

2020年、ナマハゲが再び新日本プロレスへやってきた。 今年もこの季節がやってきた。2020年1月10日「NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICAMANIA 2020」が大阪でスタートした。 CMLLから21名のスペルエストレージャがセルリアンブルーで躍動する。新年早々から全国…

ジョン・モクスリーがCHAOS加入!?タグチジャパン参加の可能性も

ジョン・モクスリーがCHAOS加入!?更にはタグチジャパン参加の可能性もあるという展開が生まれた。 青天の霹靂とはまさにこのことだ。ランス・アーチャー選手を破り、「IWGP USヘビー級王座」に輝いた翌日、ジュース・ロビンソン選手を相手に防衛を果たした…

高橋裕二郎が棚橋弘至とアメリカの地で向き合うということ

高橋裕二郎が棚橋弘至とアメリカの地で向き合うということについてキッチリと考えておく必要がある。 2020年1月8日、新日本プロレスは1月〜2月の対戦カードを発表した。 これは別で取り上げるが、ジョン・モクスリー選手の新日本本隊あるいは、CHAOS入りはオ…

“野人”中西学の引退について。僕が一番最初に好きになったプロレスラー

“野人”中西学の引退について。僕が一番最初に好きになったプロレスラーが中西学選手だったことを昨晩思い出した。 キッカケは一つのツイートだった。1999年の「G1クライマックス」の優勝決定戦。中西学選手VS武藤敬司選手の大一番だ。 僕はこの試合を見てい…

内藤哲也とKENTA!真逆過ぎる2人の戦いと僕の本音

内藤哲也とKENTA!真逆過ぎる2人の戦いと僕の本音について書きたい。 2020年1月7日に行われた「レッスルキングダム14」の二夜明け会見に「IWGPヘビー及びインターコンチネンタル王者」の“二冠王”内藤哲也選手が登場した。 イッテンゴで伝説を創った“制御不能…

高橋ヒロムが獣神サンダー・ライガーを介錯した技のこと

高橋ヒロムが獣神サンダー・ライガーへTIMEBOMB2を見舞わなかった理由についてずっと考えていた。 2020年1月6日、大高体育館にて獣神サンダー・ライガーさんの引退セレモニーが行われた。 新日本本隊だけでなくCHAOSの面々からも花束が贈呈されるというサプ…

“聖帝だけの王道”タイチがオカダ・カズチカに挑むワケ

聖帝VSレインメーカー!タイチがオカダ・カズチカに挑むワケについて考えてみたい。 2020年1月4、5日に行われた新日本プロレスの東京ドーム大会「レッスルキングダム14」は内藤哲也選手の二冠王誕生とその後に巻き起こったKENTA選手の乱入騒動で幕を閉じた。…

“令和のテロリスト”KENTAが大合唱を阻止!外道の狙いとは何だ!?

“令和のテロリスト”KENTAが大合唱を阻止!外道の狙いとは何だ!? 新日本プロレスには“テロリスト”と呼ばれた男が過去にも存在する。藤原喜明さんは冬の札幌で長州力さんを襲撃し、村上和成さんは横浜アリーナで橋本真也さんを襲撃した。 この二つと比べれば…

スターダストプレス炸裂!“二冠王”内藤哲也誕生!

2020年1月5日、いよいよこの時がやってきた。 黒に染まって白を手に入れ、偉業を目指す内藤哲也選手、白を受け継ぎ黒を守り続け、最強を証明し続けるオカダ・カズチカ選手によるIWGPヘビー級ベルトとIWGPインターコンチネンタルベルトのダブル選手権試合だ。…

伝説創るイッテンゴ見どころ&結果まとめ【新日本プロレス】

伝説創るイッテンゴの見どころまとめを書いておきたい。 オカダ・カズチカ 選手以外全ての王者がベルト防衛に失敗するという波乱が巻き起こった2020年のイッテンヨン「レッスルキングダム」東京ドーム大会。 ジェイ・ホワイト選手、ウィル・オスプレイ選手や…

日の当たらないインディー団体という言葉について

「日の当たらないインディー団体」という言葉について僕の感想を書き残しておきたい。 ことのきっかけは2019年1月4日に行われたオカダ・カズチカ選手と飯伏幸太選手による「IWGPヘビー級選手権試合」の入場シーンになる。 個人的に一番好きな実況をする野上…

プロレスリング・ノアの開国と新日本プロレスの海外戦略

プロレスリング・ノアの開国と新日本プロレスの海外戦略について書いてみたい。 年始早々プロレスリング・ノアの仕掛けは止まることを知らない。丸藤正道選手がDDTに上がるのだから、お互いのファンがクロスする瞬間に大きな盛り上がりを生むに違いないと思…

オカダ・カズチカの涙。最強の男の最高のマイクに感情的になった夜

オカダ・カズチカの涙。最強の男の最高のマイクに感情的になった夜2020年1月4日、戦い始めの東京ドームは40008人の満員で初日を終えた。イッテンヨンが終わり、伝説創るイッテンゴへ。ファンの期待を最大限に浴びた“レインメーカー”オカダ・カズチカ 選手は…