「後藤洋央紀」の最新・人気情報まとめ

矢野通プロデュース『Y・T・R!V・T・R!Ⅶ 』が発売決定!「CHAOS」10周年を祝い北へ

新日本プロレスが矢野通プロデュースDVD第7弾!『Y・T・R!V・T・R!Ⅶ CHAOS結成10周年記念 登別修学旅行』を発表した。 気になる発売日は7月26日。夏の真っ只中にリリースされる至高の作品。新日本プロレスファンならずともマストバイと言っても問題ないだ…

後藤洋央紀がいよいよ新日本プロレスの頂点へと上り詰める

オカダ・カズチカ選手が第69代「IWGPヘビー級王座」に返り咲いたことで幕を閉じた新日本プロレスのMSG「G1 SUPERCARD」。 ジェイ・ホワイト選手との因縁に決着がつき、新チャンピオンとして、再び追われる川となったオカダ・カズチカ選手だが、ある種の課題…

SANADAが新日本プロレスの春男を撃破!告白後、優勝を宣言!

SANADAが新日本プロレスの春男を撃破!告白後、優勝を宣言したのである。 そんな記念日を僕はこの対戦カードが発表された日から楽しみにしていた。 「CHAOS」後藤洋央紀選手と「ロス・インゴブレナプレス・デ・ハポン」SANADA選手が 「ニュージャパンカップ2…

新日本プロレスが「ニュージャパンカップ2019」の対戦カードを発表!注目の5試合をピックアップ

2019年2月25日、新日本プロレスが『ニュージャパンカップ2019」の対戦カードを発表した。 出場選手は過去最多の32選手。すでにMSGで「IWGPタッグ王座選手権試合」が決定しているタマ・トンガ選手&タンガ・ロア選手。目の負傷が心配される高橋裕二郎選手を除…

後藤洋央紀と田口隆祐。もう一つの同級生タッグ

2019年2月21日「NEW JAPAN ROAD ~飯塚高史引退記念試合〜」に後藤洋央紀選手と田口隆祐選手がタッグを組む。 2016年に『CHAOS』入りを果たすまで、後藤洋央紀選手は新日本本隊に所属していた。 そう珍しいことでもないだろうと、「新日本プロレスワールド」…

2019年IWGPヘビー級ベルトを懸けた戦いが熱い

2019年IWGPヘビー級ベルトを懸けた戦いが熱い。新日本プロレスで最も権威あるベルトが織りなす物語は、更なる盛り上がりを見せる。これは間違いない事実だろう。 これまで『IWGPヘビー級ベルト』は限られた選手のみが許される高みであった。オカダ・カズチカ…

涙のベストバウト!僕が号泣した試合を5つ紹介します

喜怒哀楽。全ての感情が溢れ出してくるのがプロレス。 新日本プロレスの興行は最初から最後まで“喜び”が詰まっている。時には、ヒールレスラーの暴走に“怒り”、全ての試合が終わったことに“哀しみ”を感じつつ、次の大会が“楽しみ”でしょうがなくなる。 プロ…

タイチと後藤洋央紀の響き合う調和。まさかのドラフト復活か?

新日本プロレスの一年を締めくくるタックの祭典『ワールドタッグリーグ』の優勝決定者が決まるリングでは、2つのドラマがあった。 まずは、タイチ選手VSウィル・オスプレイ選手の『NEVER無差別級王座ナンバーワン・コンテンダーマッチ』と後藤洋央紀選手VS飯…

『CHAOS2.0』が生み出す新しい混沌に夢が広がる

新日本プロレスは2018年の主要シリーズも全て終了し、いよいよ年内最後の後楽園ホール大会2試合を残すのみとなった。 『ゴールデン☆ラヴァーズ』の復活や『バレットクラブ 』内での抗争からの分裂。6人目のパレハ、ジェイ・ホワイト選手、外道選手、邪道選手…

『NEVER無差別級』真の“主役”について考えてみる

新日本プロレスが『ワールドタッグリーグ2018』の最終戦にとんでもないカードを仕込んできた。 優勝決定戦や『NEVER無差別級タイトルマッチ』は元々発表になっていただけにサプライズはなし。ただし、3つの試合が目を引いた。 全91試合が行われたリーグ戦。…

後藤洋央紀選手VS飯伏幸太選手に『BULLET CLUB』の介入の可能性

2018年の新日本プロレスもいよいよ大詰め。『ワールドタッグリーグ2018』も残り一戦となった。 優勝決定戦が行われる大会では、後藤洋央紀選手と飯伏幸太選手による『NEVER無差別級選手権試合』も行われるなど、より一層目が離せない展開が僕たちを待ってい…

新日本プロレスが『NEVER無差別級選手権試合』を年内に決行!

新日本プロレスが後藤洋央紀選手と飯伏幸太選手の『NEVER無差別級選手権試合』を2018年12月9日の岩手大会で決行することを発表した。 2019年のイッテンヨン『レッスルキングダム』が迫る中、シングルでのタイトルマッチがこの時期に組まれるのは異例だと言っ…

後藤洋央紀選手とSANADA選手からモテの美学を教わる。

新日本プロレス、後藤洋央紀選手は以前から飯伏幸太選手との『NEVER無差別選手権試合』を熱望していた。そして、いよいよ山が動いた。 2018年11月18日に開催された『ワールドタッグリーグ2018』後楽園ホール大会。その第4試合で両者は激突した。 対戦カード…

後藤洋央紀選手、タイチ選手、飯伏幸太選手。交錯する星々の辿りつく先は東京ドームか?

連日繰り返される後藤洋央紀選手、タイチ選手の舌戦。また、飯伏幸太選手の却下します!発言については、もう少し時期が早ければ流行語大賞にノミネートされかねない勢いである。 新日本プロレスのリングを超えたTwitterでの三角関係。この続きは東京ドーム…

後藤洋央紀選手とタイチ選手の舌戦が継続中「NEVER俺を愛していると言ってみろ」

「NEVER俺を愛していると言ってみろ」 新日本プロレスが2018年11月3日に開催した『九州三国志 presents POWER STRUGGLE ~SUPER Jr. TAG LEAGUE 2018~』で『NEVER無差別級王者』に返り咲いた後藤洋央紀選手。 「I LOVE NEVER」。CHAOS・ウィル・オスプレイ…

後藤洋央紀選手が飯伏幸太選手を『NEVER無差別級』挑戦者に指名した3つの理由!イッテンヨンで決戦なるか!?

2018年11月3日に開催された『九州三国志 presents POWER STRUGGLE ~SUPER Jr. TAG LEAGUE 2018~』で『NEVER無差別級』王者・タイチ選手からベルトを奪還した後藤洋央紀選手が、次期チャレンジャーを指名した。 飯伏幸太選手である。 もし、後藤洋央紀選手…

「リマッチの歴史と新しい名勝負数え歌」タイチ選手VS後藤洋央紀選手の『NEVER無差別級選手権』が正式決定!

2018年10月29日、新日本プロレスが『九州三国志 presents POWER STRUGGLE ~SUPER Jr. TAG LEAGUE 2018~』の追加カードを発表した。 ウィル・オスプレイ選手の欠場により、一度は中止となった『NEVER無差別級選手権』が復活。新挑戦者には前王者である後藤…

タイチ選手VS後藤洋央紀選手 第二章!「One more time,One more chance」はあるか?

2018年11月22日、新日本プロレス公式スマホサイトで更新された後藤洋央紀のブログ『洋央日紀(ひろおにっき)〜武士の一文〜』に掲載された内容に対し、『NEVER無差別級王者』“愛を捨てた聖帝”タイチ選手が噛み付いた。 『NEVER無差別級王者』の姿が見当たら…

CHAOSのスパイは後藤洋央紀選手ではないかと考察してみる

2018年10月19日に新日本プロレスが開催した『九州三国志 presents Road to POWER STRUGGLE ~SUPER Jr. TAG LEAGUE 2018~』広島大会。試合後のバックステージで『』のジェイ・ホワイト選手が「CHAOSにはまだスパイがいる」というニュアンスの言葉を発した。…

新・NEVER無差別級チャンピオン誕生!“愛を捨てた聖帝”タイチ選手の本気

2018年9月17日に開催された新日本プロレスの『DESTRUCTION in BEPPU』。 セミファイナルは、後藤洋央紀選手とタイチ選手のNEVER無差別級タイトルマッチ。 前日の『Road to DESTRUCTION』山口興行ではベルトが破損するトラブルにも見舞われた。 振り返れば、…

「タイチ選手の制圧前進なるか?」後藤洋央紀選手VSタイチ選手NEVER無差別級タイトルマッチの行方

愛ゆえに人は苦しまねばならぬ!!愛ゆえに人は悲しまねばならぬ!! 『DESTRUCTION in BEPPU』大分・別府ビーコンプラザにて開催されるNEVER無差別級タイトルマッチ。 挑戦者、聖帝・タイチ選手とチャンピオン、混沌の荒武者・後藤洋央紀選手の煽りPVが公開…

現、新日本プロレス最長ユニット『CHAOS』。結成10周年に向けて何かが起きる?

2009年4月5日。両国国技館で行われた中邑真輔選手VS真壁刀義選手の一戦をキッカケにCHAOSは誕生した。 当時の極悪ヒールユニットG・B・HのNo.2、矢野通選手が背後から真壁刀義選手を強襲。中邑真輔選手は椅子で強打された真壁刀義選手をランドスライドでマッ…

タイチ選手が後藤洋央紀選手に対して『セロリ』発言。「つまりは単純に君のこと好きなのさ」

朝イチでタイチ選手のコメントを読んだ。僕は読解力がまだまだ乏しい。本当に本当に、自分は浅はかである。 何故、後藤洋央紀選手のスマホ日記を言葉を読んでいたのに、『セロリ』に気付かなかったのかと。 2018年9月11日(火)に開催された新日本プロレスの『…

キーワード『F』、YTRのGLKっぷりがヤバい、後藤洋央紀選手タグチジャパン入り!?後楽園興行2日間で生まれた伏線を5つまとめてみる

2018年9月8日、9日に行われた新日本プロレス『Road to DESTRUCTION』の後楽園2連戦は非常に熱く、贅沢な時間となった。 リング上での熱い戦い。それぞれのストロングスタイルのぶつかり合いが新日本プロレスの持ち味。ただ、試合以外のエピソードも盛りだく…

Happy Birthday SHO選手!CHAOSの先輩たちから愛のあるメッセージ

2017年10月の凱旋帰国からCHAOSの一員として、躍進を続けるRoppongi3kのSHO選手。めでたく29歳を迎えたということで、『Twitter』上に決意表明がアップされた。 28歳の一年を振り返ってみてもっともっとやれたんじゃないかってあの時もっと努力しておけばあ…

殿はこんなもんじゃない!後藤洋央紀選手、2019年“春”IWGPヘビー級ベルト戴冠への道

G1クライマックスBブロック最終戦。ジュース・ロビンソン選手に後藤洋央紀選手が敗れた瞬間、思わず叫んでしまった。 「殿!どんだけ勝ち星に見放されてるんだ!?」 2018年、後藤選手のG1クライマックスは3勝6敗という結果に終わった。 NEVER無差別級チャン…