「ジェイ・ホワイト」の最新・人気情報まとめ




バレットクラブ“TOKYO”誕生!?外道が背負う言葉の意味とは?

バレットクラブ“TOKYO”誕生!?外道が背負う言葉の意味とは? 2021年1月16日、いよいよ新日本プロレスの新シリーズ「Road to THE NEW BEGINNING」。 2月10、11日に開催される広島大会「THE NEW BEGINNING in HIROSHIMA」まで続く今年最初のサーキットが幕を…

令和の新日本プロレス史に残る一大事件が起きた

令和の新日本プロレス史に残る一大事件が起きた日となった。 僕は基本的に同じネタを連日投稿することはない。正直、今日投稿するはずのコラムも半分は昨日の段階で書き終えていた。 現在の時刻は朝の6時37分。気持ちの整理が追いつかず、ふて寝したが全く気…

ジェイ・ホワイトの退団問題と別れについて

ジェイ・ホワイトの退団問題について僕の見解を書きたい。 某媒体が変に煽ったり、“挨拶なし”で退団した前例があるためジェイ・ホワイト選手が退団する?という憶測が飛び交っている。 個人的な意見だが、2021年の段階でジェイ・ホワイト選手が新日本プロレ…

ジェイ・ホワイトが見せた人間味と先輩からの激励

ジェイ・ホワイトが見せた人間味と先輩からの激励ついて書きたい。 イッテンゴ、東京ドームで「IWGPヘビー&インターコンチネンタルWチャンピオン」飯伏幸太選手に敗れたジェイ・ホワイト選手。 凱旋帰国後、一気にスターダムを駆け上がり、2021年は東京ドー…

ジェイ・ホワイトが2021年の新日本プロレスを震撼させる

ジェイ・ホワイトが2021年の新日本プロレスを震撼させると僕は「挑戦権利証」を奪った瞬間から考えていた。 2020年11月7日の大阪大会(POWR STRUGGLE)で「G1クライマックス」覇者・飯伏幸太選手から権利証を(疑惑の判定)で奪取。 イッテンゴ、東京ドーム…

内藤哲也と飯伏幸太のイッテンヨンについて

内藤哲也と飯伏幸太のイッテンヨンについて。 2020年11月8日。「POWER STRUGGLE」大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪) 大会の一夜明け会見が行われた。 登場したのは飯伏幸太選手から東京ドームでの挑戦権利証を奪取した“バレットクラブ”ジェ…

今日、新日本プロレスで2本のベルトと権利証が動く?

今日、新日本プロレスで2本のベルトと権利証が動く? 「レインメーカーに相応しい挑戦の場を用意しろ」 外道選手の言葉により、「G1クライマックス」の覇者が東京ドームで「IWGPヘビー級王者」に挑戦するシナリオが生まれた。 「G1クライマックス覇者」と「I…

高橋裕二郎の矜持と疑心暗鬼になるジェイ・ホワイト

2020年秋。新日本プロレスが世界に誇る“ガイジン”ユニット『バレットクラブ』が揺れている。 2020年10月10日に行われた大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)大会。その第3試合で事件は起こった。 『G1クライマックス30』でAリーグ首位を走るジ…

ジェイ・ホワイトがEVILにガッカリした理由

ジェイ・ホワイトがEVILにガッカリした理由について考えてみたい。 いよいよこの時が来てしまったと言えばいいのだろうか。新日本プロレスに再び、銃撃の雨が降り注ごうとしているのかも知れない。 2020年10月5日、ジェフ・コブ選手との「G1クライマックス30…

ジェイ・ホワイトが2人目のG1ガイジン覇者になる説

ジェイ・ホワイトが2人目のG1ガイジン覇者になる説を書いてみたい。 よくよく考えてみると、「IWGPヘビー級」に挑戦する序列が存在するのであれば、彼が最前列にいたはずなのである。 以前、棚橋弘至選手が「プロレスラーたるもの、順番待ちの列に並ぶなんて…

新日本プロレス試合再開を記念した動画まとめ【随時更新】

新日本プロレス試合再開を記念した動画まとめ。 いよいよ来週6月15日(月)から試合が再開となる新日本プロレス。なんと110日振りの大会ということで、レスラー、スタッフ、ファンの全員が待ち望んだプレミアムな一日になると今から期待が膨らんで仕方ない。…

新日本プロレスで好きな必殺技を5つ発表してみる

新日本プロレスで好きな必殺技5つ発表してみたい。普段であれば、前振りが入るが今回は無し。いきなり本題に入ろう。 まずはやっぱり後藤洋央紀選手の「昇天・改」だ。新日本プロレスを好きな方でこの技が嫌いな人はいるのか?というくらいに盛り上がる大技…

第3世代とジェイ・ホワイトの“再戦”が素晴らしすぎた話

第3世代とジェイ・ホワイトの“再戦”が素晴らしすぎた話を書きたい。 2020年2月22日、本日新日本プロレスの後楽園ホール大会で“野人”中西学選手が現役を引退する。 今日は、人生茶色ではなく、人生をバラ色にするためにプロレスラーを志し、リングで夢を見せ…

SANADAとジェイ・ホワイトが大阪でスペシャルシングルマッチを戦う意味

SANADAとジェイ・ホワイトが大阪でスペシャルシングルマッチを戦う意味について書きたい。 2020年1月6日、内藤哲也選手とKENTA選手のストーリーがイッテンゴ「レッスルキングダム」の翌日にもう一つの因縁が生まれた。 獣神サンダー・ライガー選手の引退セレ…

2020年の新日本プロレスを5大ニュースから予想してみる

2020年の新日本プロレスを5大ニュースから予想してみる。 新年一発目の予想系コラム。と、言っても全く突拍子もないことではなく、あくまでもふくせん、フラグが存在しているものについてまとめていきたいと思う。 新日本プロレスの2020年は一体どうなってし…

なぜ、ジェイ・ホワイトは飯伏幸太を「バレットクラブ」にスカウトするのか

なぜ、ジェイ・ホワイトは飯伏幸太を「バレットクラブ」にスカウトするのか。この理由について考えてみたい。 2018年。飯伏幸太選手は旧友との関係(ゴールデン☆ラヴァーズ)もあり、一時「バレットクラブ・エリート」に身を置いている時期があった。正確に…

ジェイ・ホワイトが“二冠王”になった未来について

ジェイ・ホワイトが“二冠王”になった未来を考察してみたい。 新日本プロレスは現在「ワールドタッグリーグ2019」の真っ最中。興行も内藤哲也選手とジェイ・ホワイト選手の前哨戦を除けば全ての試合が公式戦となっており、連日目を見張る試合が行われている。…

新日本プロレス4強によるイッテンヨン、イッテンゴについてまとめてみた

新日本プロレス4強によるイッテンヨン、イッテンゴについてまとめてみた。 二冠統一戦。2020年の東京ドームのメインテーマは内藤哲也選手がぶち上げたものとなった。 オカダ・カズチカ 選手の提案で行われたファン投票の結果、イッテンヨンとイッテンゴで現…

新日本プロレスの秋。締め括りはジェイ・ホワイトVS後藤洋央紀!そして、セミファイナルについて

新日本プロレスの秋。締め括りはジェイ・ホワイトVS後藤洋央紀!そして、セミファイナルについて書きたい。 正直、正直控えめ言って「保険見直し本舗 Presents POWERSTRUGGLE ~SUPER Jr. TAGLEAGUE 2019~」の対戦カード順を見た時に違和感があった。 「ス…

後藤洋央紀のインタビューから人生に必要な気持ちを受け取る

後藤洋央紀のインタビューから人生に必要な気持ちを受け取る。 新日本プロレスの後藤洋央紀選手。「CHAOS」所属する“混沌の荒武者”に流れが来ている。打倒・ジェイ・ホワイトというテーマ。そして、「IWGPヘビー級ベルト」と「IWGPインターコンチネンタルベ…

鬼神ライガー降臨!ジェイ・ホワイトが「IWGPインターコンチネンタル王者」へ!

鬼神ライガー降臨!ジェイ・ホワイトが「IWGPインターコンチネンタル王者」へ! いやはやとんでもない大会だった。 ヤングライオン杯争奪トーナメントの優勝者がカール・フレドリックス選手に決まったり、鬼神ライガーが姿を現したりと、盛り上がった熱が冷…

内藤哲也がここまで嬉々とする理由に答えが出た

内藤哲也がここまで嬉々とする理由に答えが出たので書き残しておきたい。 「G1クライマックス29」が終わって以降の内藤哲也選手は、何やらはしゃいでいるすら受けるほどに楽しそうである。 新日本プロレスの主役を宣言した2017年の夏。あれから2年が経ち、「…

新日本プロレスはイギリスで半端なく愛されていた

新日本プロレスはイギリスで半端なく愛されていた。 新日本プロレスが運営する動画配信サービス「新日本プロレスワールド」にて、2019年9月1日にイギリスはロンドンで開催された「NJPW Royal Quest」の後日配信がスタートした。 生中継を見ていたCSテレ朝チ…

ジェイ・ホワイトがIWGPインターコンチネンタル挑戦へ!グランドスラムに大手

ジェイ・ホワイトがIWGPインターコンチネンタル挑戦へ!グランドスラムに大手。 「スーパーJカップ2019」の優勝が「バレットクラブ 」エル・ファンタズモ選手に決定した。 試合後には石森太二選手やロビー・イーグル 今回のトーナメントは新日本プロレスワー…

新日本プロレス新時代の夏男は滾る太陽を超えた存在だ

新日本プロレス新時代の夏男は滾る太陽を超えた存在だ。 ゴールデン・スターが滾る太陽となり、そして新時代のエースとなる瞬間が訪れた。 2019年より新日本プロレス所属となった飯伏幸太選手が、ジェイ・ホワイト選手を下し、新日本プロレス真夏の祭典「G1…

ジェイ・ホワイトの凶行による対立構造。“棚橋プロレス”による優勝決定戦

ジェイ・ホワイトの凶行による対立構造。“棚橋プロレス”による優勝決定戦について書いていきたいと思う。 いやはや何とも素晴らしい日本武道館大会2日目だった。 8月11日に開催された新日本プロレス「G1クライマックス29」のBブロック最終戦は神試合が連発さ…

ジェイ・ホワイトがG1の優勝決定戦へ進む可能性

ジェイ・ホワイトがG1の優勝決定戦へ進む可能性について考えてみたい。 新日本プロレスへ衝撃の凱旋帰国から早くも2年が経とうとしている。 今ではすっかりと新日本プロレスの看板レスラーとなったジェイ・ホワイト選手はスタートダッシュに失敗したものの、…

タイチが挑むNEWERA。暗黒時代を生き抜いた男たちの意地

タイチが挑むNEWERA。暗黒時代を生き抜いた男の意地を見た気がした。 新日本プロレスには暗黒四天王という言葉が存在している。 石井智宏選手、本間朋晃選手、タイチ選手、ミラノコレクションA.T.さん。 新日本プロレスの勢いが衰退し、V字回復の谷底を迎え…

新日本プロレスの春男が夏男となる瞬間へ

新日本プロレスの春男が夏男となる瞬間へ大きな期待を込めて今回のコラムを執筆したい。 ダラス大会で開幕した「G1クライマックス29」。Aブロック公式戦最初のメインイベントはオカダ・カズチカ選手と棚橋弘至選手が務めた。 現「IWGPヘビー級王者」と2018年…

内藤哲也VSジェイ・ホワイトは新日本プロレスの切り札だ

内藤哲也VSジェイ・ホワイトは新日本プロレスの切り札だ。 「KIZUNA ROAD」真っ最中の新日本プロレスであるが、久しぶりに「新日本プロレスワールド」での中継は後楽園ホールや仙台大会のみ。 「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア」の時には毎日配信があっ…