「ジェイ・ホワイト」の最新・人気情報まとめ




新日本プロレス新時代の夏男は滾る太陽を超えた存在だ

新日本プロレス新時代の夏男は滾る太陽を超えた存在だ。 ゴールデン・スターが滾る太陽となり、そして新時代のエースとなる瞬間が訪れた。 2019年より新日本プロレス所属となった飯伏幸太選手が、ジェイ・ホワイト選手を下し、新日本プロレス真夏の祭典「G1…

ジェイ・ホワイトの凶行による対立構造。“棚橋プロレス”による優勝決定戦

ジェイ・ホワイトの凶行による対立構造。“棚橋プロレス”による優勝決定戦について書いていきたいと思う。 いやはや何とも素晴らしい日本武道館大会2日目だった。 8月11日に開催された新日本プロレス「G1クライマックス29」のBブロック最終戦は神試合が連発さ…

ジェイ・ホワイトがG1の優勝決定戦へ進む可能性

ジェイ・ホワイトがG1の優勝決定戦へ進む可能性について考えてみたい。 新日本プロレスへ衝撃の凱旋帰国から早くも2年が経とうとしている。 今ではすっかりと新日本プロレスの看板レスラーとなったジェイ・ホワイト選手はスタートダッシュに失敗したものの、…

タイチが挑むNEWERA。暗黒時代を生き抜いた男たちの意地

タイチが挑むNEWERA。暗黒時代を生き抜いた男の意地を見た気がした。 新日本プロレスには暗黒四天王という言葉が存在している。 石井智宏選手、本間朋晃選手、タイチ選手、ミラノコレクションA.T.さん。 新日本プロレスの勢いが衰退し、V字回復の谷底を迎え…

新日本プロレスの春男が夏男となる瞬間へ

新日本プロレスの春男が夏男となる瞬間へ大きな期待を込めて今回のコラムを執筆したい。 ダラス大会で開幕した「G1クライマックス29」。Aブロック公式戦最初のメインイベントはオカダ・カズチカ選手と棚橋弘至選手が務めた。 現「IWGPヘビー級王者」と2018年…

内藤哲也VSジェイ・ホワイトは新日本プロレスの切り札だ

内藤哲也VSジェイ・ホワイトは新日本プロレスの切り札だ。 「KIZUNA ROAD」真っ最中の新日本プロレスであるが、久しぶりに「新日本プロレスワールド」での中継は後楽園ホールや仙台大会のみ。 「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア」の時には毎日配信があっ…

後藤洋央紀の修行が気になってしょうがない。

後藤洋央紀の修行が気になってしょうがない。 新日本プロレスはジュニア戦士たちが主役の「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア26」の真っ最中。 ヘビー級のレスラーで出場しているのは、内藤哲也選手、タイチ選手、ジュース・ロビンソン選手のみ。後半のシ…

なぜ、ジェイ・ホワイトは新日本プロレスでブーイングを集めることができるのか

なぜ、ジェイ・ホワイトはブーイングを集めることができるのか。今日はこの点について考えてみたい。 オカダ・カズチカ選手がMSG「G1 SUPERCARD」でジェイ・ホワイト選手にリベンジを果たし、新日本プロレスのど真ん中、「IWGPヘビー級王王者」へと返り咲い…

時代は常にヒールが動かしてきたという話

2019年、新日本プロレスにNEW ERAのビッグウエーブが訪れている。 プロレスデビューから6年の26歳、『BULLET CLUB』のジェイ・ホワイト選手が新日本プロレスのエース棚橋弘至選手を破り、『IWGP』ヘビー級ベルトを戴冠したのだ。 ジェイ・ホワイト選手は2014…

スウィッチブレイドショック!新日本プロレスは新時代へ

2019年2月11日、新日本プロレス「THE NEW BEGINNING in OSAKA」のメインイベントで大事件が起こった。 『BULLET CLUB』のジェイ・ホワイト選手が棚橋弘至選手を持つ『IWGPヘビー級ベルト』に初挑戦。そして、必殺のブレード・ランナーで初戴冠を実現した。 …

レインメーカーショックとキープオンジャーニー。新たな始まりの前に過去を清算する意義

いよいよ今日、2019年2月11日に、『THE NEW BEGINNING in OSAKA』が開催される。 この決戦の結果で、2019年上半期の新日本プロレスが大きく変わる。 オカダ・カズチカ選手とバットラック・ファレ 選手の一戦も気になるところだが、目玉は大きく2つある。 ま…

ジェイ・ホワイトはTTOでIWGPを戴冠できるか?

『BULLET CLUB(バレットクラブ)』加入以降、ジェイ・ホワイト選手の勢いが止まらない。 2018年の東京ドームでいきなり棚橋弘至選手の持つ『IWGPインターコンチネンタルベルト』に挑戦し、翌日ケニー・オメガ選手直々のスカウトを断り、『CHAOS』に加入。1…

2019年IWGPヘビー級ベルトを懸けた戦いが熱い

2019年IWGPヘビー級ベルトを懸けた戦いが熱い。新日本プロレスで最も権威あるベルトが織りなす物語は、更なる盛り上がりを見せる。これは間違いない事実だろう。 これまで『IWGPヘビー級ベルト』は限られた選手のみが許される高みであった。オカダ・カズチカ…

オカダ・カズチカはジェイ・ホワイトに勝てるか?

オカダ・カズチカはジェイ・ホワイトにイッテンヨン『レッスルキングダム13』で勝てるのか。 今回はこの点について考えてみたい。 2018年1月6日。内藤哲也選手との東京ドームメインイベント『IWGPヘビー級選手権試合』を制し、2夜明け会見に登場したオカダ・…

内藤哲也、ジェイ・ホワイトの新Tシャツが登場!イッテンヨングッズ第1弾

2018年の興行を終えた新日本プロレスが2019年、イッテンヨン『レッスルキングタム13』へのスタートダッシュとして、新作グッズを発表した。 第1弾と銘打たれたグッズは4種類。内藤哲也選手、ジェイ・ホワイト選手のTシャツ。そして、ライオンマークのロング…

ジェイ・ホワイト選手のReal RnR 2.0宣言とバウンサーの献身

『ワールドタッグリーグ2018』が中盤戦に差し掛かった、新日本プロレスが行った11月29日の後楽園ホール大会は伝説の一夜となった。 オカダ・カズチカ選手と棚橋弘至選手の越境タッグのみならず、天山広吉選手のムーンサルトや飯塚高史選手から飛び出した魔性…

『ワールドタッグリーグ2018』新作グッズが公開!

新日本プロレスが2018年11月17日から開催する『ワールドタッグリーグ2018』に先駆けて、新グッズの発表を行った。 今回は僕が購入する3つの商品をベースにご紹介したい。 まずは、『バレットクラブ』ジェイ・ホワイト選手のネックレス。2017年の凱旋帰国から…

オカダ・カズチカ選手がこの冬、メインイベントに帰ってきた

新日本プロレス、2018年の締めくくりはオカダ・カズチカ選手になりそうである。 開催が目前に迫った『ワールドタッグリーグ2018』。どのタッグチームがメインイベントを飾る回数が多いのかと調べた結果、度肝を抜かれる結果となった。 最も多くメインに立つ…

オカダ・カズチカ選手の「“腐ったミカン”が自分からいなくなってくれた」 発言と3つの雨について

“腐ったミカン”が自分からいなくなってくれた――。 2018年年10月23日に開催された『九州三国志 presents Road to POWER STRUGGLE ~SUPER Jr. TAG LEAGUE 2018~』のメインイベント終了後、バックステージにてCHAOSのオカダ・カズチカ選手が坂本金八の名言を…

レヴェルの違う新時代を築くフィクサー・外道選手が撃ち抜く、新日本プロレスの未来

新日本プロレスで今最も注目を集めているのは、この男かもしれない。 元・レインテイカー。人の道を外れた男・外道選手だ。 ジェイ・ホワイト選手とCHAOSから脱退して以降、外道選手の笑顔は輝いている。いや、笑顔だけではない水を得た魚とはまさにこのこと…

ジェイ・ホワイト選手は棚橋弘至選手からイッテンヨン挑戦権利書を奪うか?今回のセコンドについても言及

2018年の秋・新日本プロレスには嵐が吹き荒れている。 内藤哲也選手による“新パレハ”投入宣言。 Cody選手の提案から実現したケニー・オメガ選手、飯伏幸太選手、Cody選手によるIWGPヘビー級選手権試合 3Wayマッチ。髙橋ヒロム選手選手のベルト返上からスター…

矢野通選手の名前がない!?ジェイ・ホワイト選手「イスヲクダサイ」の真意

2018年9月25日、新日本プロレスがアメリカ興行『FIGHTING SPIRIT UNLEASHED』の対戦カードを発表した。 メインイベントは事前に発表されていたIWGP USヘビー級タイトルマッチではなく、オカダ・カズチカ選手&石井智宏選手VSゴールデン☆ラヴァーズ(ケニー・…

新日本プロレスに混沌を巻き起こす。ジェイ・ホワイト選手と外道選手の狙いとは何か

2018年9月23日に開催された新日本プロレスの『DESTRUCTION in KOBE』。 メインイベントは棚橋弘至選手とオカダ・カズチカ選手の東京ドーム挑戦権利書マッチだ。 この興行に先駆けてNJPW FUNでは色々な考察か妄想を膨らませてきた。その全ての予想が外れた時…

現、新日本プロレス最長ユニット『CHAOS』。結成10周年に向けて何かが起きる?

2009年4月5日。両国国技館で行われた中邑真輔選手VS真壁刀義選手の一戦をキッカケにCHAOSは誕生した。 当時の極悪ヒールユニットG・B・HのNo.2、矢野通選手が背後から真壁刀義選手を強襲。中邑真輔選手は椅子で強打された真壁刀義選手をランドスライドでマッ…

ジェイ・ホワイト選手が斜め上を行く?G1クライマックスAブロックの未来予想

Bブロックの話題に先行された新日本プロレスG1クライマックスのAブロック。 だが大詰めに近づいた今、多くのファンに贅沢な時間を提供している。サッカー日本代表がグループリーグ突破を目指していた6月を彷彿とさせるようだ。 Aブロックから決勝に進出する…