コラム




ヤングライオン・金光輝明選手の復帰へ心からのエールを贈りたい

2018年12月15日、新日本プロレスの最終興行に1人のヤングライオンが帰ってくる。 その男の名は金光輝明。 当日の第1試合は15分1本勝負 金光輝明 復帰戦と銘打たれ、ファンの注目を集めている。 2016年1月3日の大プロレス祭りでプロレスラーとしてのデビュー…

まさに外道!VSレインメーカーで見せたのは、ヒールの生き様だった

「レインメーカーはよぉ!『CHAOS』がいただいたぜ!!」 新日本プロレスのV字回復が加速した2012年のはじまりは、ある意味で外道選手のこの言葉だったのかもしれない。 レインメーカー オカダ・カズチカ選手が新日本プロレスに凱旋してから7年が経とうとし…

海野翔太と鷹木信悟の一戦は海外遠征への最終準備なのか?

新日本プロレスの2018年最終シリーズが例年通り、聖地・後楽園で行われる。 12月14日の対戦カードも魅力的なカードが目白押しだ。メインイベントでは中々肌の触れる機会がなかったケニー・オメガ選手と棚橋弘至選手が激突。セミファイナルはオカダ・カズチカ…

なぜ、棚橋弘至は2018年度プロレス大賞MVPを受賞できたのか

新日本プロレスの棚橋弘至選手が4年振り4度目のプロレス大賞MVPを受賞した。なぜ、棚橋弘至選手は玉座に返り咲くことができたのか。その理由について考えてみたい。 2018年12月13日、早朝6時。いよいよ解禁となった東京スポーツ社が制定する2018年のプロレス…

タイチと後藤洋央紀の響き合う調和。まさかのドラフト復活か?

新日本プロレスの一年を締めくくるタックの祭典『ワールドタッグリーグ』の優勝決定者が決まるリングでは、2つのドラマがあった。 まずは、タイチ選手VSウィル・オスプレイ選手の『NEVER無差別級王座ナンバーワン・コンテンダーマッチ』と後藤洋央紀選手VS飯…

SANADA&EVILの記者会見。その胸中にはドリームタッグマッチ構想か?

新日本プロレス冬の祭典『ワールドタッグリーグ2018』は『ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン』SANADA選手&EVIL選手の2連覇という結果で決着した。 13戦、10勝3敗。僅差で敗れたのは『IWGPタッツ王者』であるタマ・トンガ選手&タンガ・ロア選手のGOD、…

イッテンヨンの対戦カードにモヤモヤを抱えているあなたへ

新日本プロレスが2018年12月10日、『ワールドタッグリーグ2018』一夜明け会見を行った。 優勝者であるEVIL選手&SANADA選手の会見だけなく、ここでイッテンヨン『レッスルキングダム13』の対戦カードが発表されたわけだが、Twitterでは賛否両論の声が散見さ…

内藤哲也がペンタゴンメイクでクリス・ジェリコを挑発

新日本プロレスの『ロス・インゴブレナブレス・デ・ハポン』内藤哲也選手がクリス・ジェリコ選手を挑発する動画をTwitterで公開した。 クリス・ジェリコ選手のペンタゴンメイクをオマージュし、アメリカ版のシャツを着用。世界を股に掛ける大スターに対して…

後藤洋央紀選手VS飯伏幸太選手に『BULLET CLUB』の介入の可能性

2018年の新日本プロレスもいよいよ大詰め。『ワールドタッグリーグ2018』も残り一戦となった。 優勝決定戦が行われる大会では、後藤洋央紀選手と飯伏幸太選手による『NEVER無差別級選手権試合』も行われるなど、より一層目が離せない展開が僕たちを待ってい…

『ワールドタッグリーグ2018』優勝決定戦進出チームの行方

いよいよ終盤戦に突入した新日本プロレスヘビー級タッグチームの祭典『ワールドタッグリーグ2018』。シングルベルト保有者は全員不参加という状況に物議が挙がったのは開幕前のこと。 いざ戦いの火蓋が切って落とされれば、全国各地の会場を熱狂の渦に巻き込…

内藤哲也 プロフェッショナル仕事の流儀の感想を、パレハへの想いを込めて

内藤哲也 プロフェッショナル仕事の流儀の感想を、パレハへの想いを込めて贈りたい。 度々NJPW FUNにも書いて来たことだが、僕は新日本プロレスひいてはプロレスファンになってからの歴はかなり浅い。 Amazonプライムで『有田と週刊プロレスと』がスタートし…

チャッキーT選手の狂気に僕が恐怖を覚えた理由

チャッキーT選手の狂気。僕はその瞳に映る影に圧倒的な恐怖を覚えた。今回はその理由について考えてみたい。 下馬評の通りにいかないのが、新日本プロレスの面白いところだろう。開催前の空気とは異なり大きな盛り上がりを魅せている『ワールドタッグリーグ2…

これからもCHAOSと本隊の越境チームは誕生していくのか?

連日連夜、新日本プロレスのメインイベントでは、胸を熱くする光景が広がっている。 棚橋弘至選手とオカダ・カズチカ選手、KUSHIDA選手、ロッキー・ロメロ選手の電撃越境チーム結成だ。 発表と同時に多くの波紋が巻き起こった『CHAOS』と新日本本隊の二枚看…

2018年11月のNJPWFUN

いつもお目通しありがとうございます!NJPWFUNの管理人ことカワノ・ユウキです。 さてさて、今回もやって参りました一ヶ月の締めくくり。2018年11月のNJPWFUNです。 今回で4回目となる月間の振り返り記事。普段と文体が全く違うので、改めて説明しますと、舞…

棚橋弘至選手とオカダ・カズチカ選手の“友情タッグ”再来。この日の主役は誰だったのか

棚橋弘至選手とオカダ・カズチカ選手の“友情タッグ”再来。この日の主役は誰だったのだろうか。 改めて考えた時に“友だち”というキーワードが出た瞬間からあの2人が脳裏によぎっていたのは事実だ。 そして、この日“元祖・友情タッグ”が躍動した。 新日本プロ…

内藤哲也選手は再び後楽園ホールに姿を現わすのか?

内藤哲也選手は再び後楽園ホールに姿を現わすのか? 棚橋弘至選手とオカダ・カズチカ選手のドリームタッグが結成する前日。僕の脳裏にはこの言葉がよぎった。 2018年11月29日は新日本プロレスの歴史の世界線が変動する日になるのかもしれない。 棚橋弘至選手…

2018年新日本プロレスのMVPを15選手の中から選んでみた

2018年新日本プロレスのMVPを決めるのはアナタです! 2018年11月26日、新日本プロレス株式会社のツイッターアカウントが投稿したツイートに大きな反響が集まった。 内藤哲也選手が『ワールドタッグリーグ2018』中に違う話題を提供するのは失礼じゃないかと言…

エル・デスペラード選手の解説に見る、鈴木軍の解説力

新日本プロレスが愛知・愛知県体育館(ドルフィンズアリーナ) で開催した『ワールドタッグリーグ2018』。 この日の解説席にはエル・デスペラード選手の姿があった。『鈴木軍』のならずものルチャドールは、イッテンヨン『レッスルキングダム』で3WAYマッチ…

タッグチームにおけるストーリーの重要性

新日本プロレス冬の祭典『ワールドタッグリーグ』が開催して、数日が過ぎた。 『ロス・インゴブレナブレス・デハポン』内藤哲也選手が開幕2日目に言い放った「イッテンヨン『レッスルキングダム』が決定していない余りもの」という言葉は言いえて妙である。 …

有田と週刊プロレスと発で「夢の架け橋」を再現してみたらどうだろう?

今週の有田と週刊プロレスとも最高の時間だった。2018年11月21日に公開された19. No.019 豪華スター集結!週プロの東京ドーム大会『夢の懸け橋』!≪前編≫は、ゲストに“昭和プロレスファン”のますだおかだ・岡田圭右さんを招き、非常に賑やかな展開となった。…

プロレスブログの運営について伝えたいこと

「プロレス記事を書くのって難しいと思うんですが、注意していることってありますか?」 かなり久しぶりに「質問箱」でクエスチョンが届いた。僕はシンプルに「勝った、負けた。そんな小さいことでプロレスをしていないプロレスラーを応援した内容になってい…

後藤洋央紀選手とSANADA選手からモテの美学を教わる。

新日本プロレス、後藤洋央紀選手は以前から飯伏幸太選手との『NEVER無差別選手権試合』を熱望していた。そして、いよいよ山が動いた。 2018年11月18日に開催された『ワールドタッグリーグ2018』後楽園ホール大会。その第4試合で両者は激突した。 対戦カード…

『ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン』6人体制初のメインで大合唱は起こるか?

新日本プロレスを代表するユニット『ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン』の6人目のパレハ鷹木信悟選手が加わってから1ヶ月以上が経った。 そして、本日2018年11月17日新しい景色を見るチャンスが訪れようとしている。 鷹木信悟選手が新日本プロレスのリ…

タイチ選手とともぞう監督に見る、謝罪会見の難しさ

『ファイヤープロレスリングワールド(ファイプロ)』についての謝罪会見が、2018年11月12日にニコ生とYouTubeで行われた。 仲介人はファミ通。誌面にタイチ選手とともぞう監督が登場し、交わされた内容を改めてファンの前で行った形となる。 タイトルは『フ…

新日本プロレス メイ社長コラムの感想。僕が海外戦略を応援する理由

新日本プロレス株式会社CEO ハロルド・ジョージ・メイ氏は社長就任後、定期的にコラムを配信している。 初投稿は、2018年6月12日。11月12日の更新で26回を迎えたということは、月に約4本のペース、毎週1本のコラムを書き下ろしていることになる。 一般的な企…

柴田勝頼選手から“プロレス”の美しさと気高さを学ぶ

新日本プロレスの『YouTube』チャンネルにて柴田勝頼選手の最新動画が公開された。 タイトルは、"ザ・レスラー 柴田勝頼" LA道場密着ドキュメンタリー「CALIFORNIA DREAMIN' 」 #3。2018年9月に投稿された動画の続報となる。 カルフォルニアの地で生きる柴田…

新日本プロレスは“雑”になったのか?『ワールドタッグリーグ2018』に見る3つの疑問

2018年11月8日、新日本プロレスが『ワールドタッグリーグ2018』の出場選手を発表した。 参戦タッグは14チーム。出場選手は以下の通りだ。 真壁刀義選手&トーア・ヘナーレ 天山広吉選手&小島聡選手 永田裕志選手&中西学選手 ジュース・ロビンソン選手&デビッ…

新日本プロレスが揺れた『ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン』VS『ジ・エリート』という夢を見た話

これは、『ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン』VS『ジ・エリート』という夢を見た話だ。 僕はあまり夢を見ないタイプ。ただ、科学的には毎日夢自体は見ているというデータが出ているらしい。 つまり、夢を見たけど覚えていない。これが僕の脳で起こって…

新日本プロレスに対するリマッチ批判とスマホ普及率の因果関係

現在、新日本プロレスファンたちの間で、リマッチについての様々な意見が飛び交っている。ストレートに書くと、心ない意見がかなり多い。 僕のブログには書きたくない言葉ばかりなので、その文言については触れないでおこう。 現在、リマッチについての話題…

CHAOSの裏切り者は誰?新日本プロレスをひっくり返すインパクトは新ユニットの結成か

獣神・サンダーライガー選手の発言が新日本プロレスに大きな波紋を呼んでいる。 それは、ジェイ・ホワイト選手、外道選手らが発言していた「CHAOSの裏切り者」がブラフではないということプロレスラーとしての勘で感じた取ったというものだった。 また、CHAO…