コラム




成田蓮の変化と柴田勝頼が語る課題

成田蓮の変化と柴田勝頼が語る課題について書きたい。 2019年のヤングライオン杯をキッカケにLA道場への海外遠征をスタートした成田蓮選手が、いよいよ本格的に武者修行の成果を見せようとしている。 新日本プロレスワールドで毎週土曜日の正午に更新されて…

新日本プロレスファンが「俺の家の話」第一話を見た感想

新日本プロレスファンが「俺の家の話」第一話を見た感想を書いてみる。 いやはや。まさかいきなりオカダ・カズチカ選手のマネークリップが飛び出すとは思わなかった。 主演・長瀬智也。脚本・宮藤官九郎。 この2人の名前が並ぶだけで、僕ら世代(80〜90年生…

グレート-O-カーンがヤングライオンにしか勝っていないという衝撃

グレート-O-カーンがヤングライオンにしか勝っていないという衝撃的な事実が発覚した。 この点について指摘したのは“ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン”の内藤哲也選手。 現在は、「二冠王」といったんの区切りを付け、ユニット内でテーマがない自身の状…

内藤哲也にグレート-O-カーンと辻陽太が宣戦布告できた理由

内藤哲也にグレート-O-カーンと辻陽太が宣戦布告できた理由を考えてみる。 これまで、新日本プロレスのシリーズ中に内藤哲也選手が誰か居ないの?と各選手を煽ったとしても誰も食いつかない。従来はこの流れが定番だった。 僕が推測するに、内藤哲也選手と絡…

マスター・ワトに逸材が語ったメッセージの歴史と意図

マスター・ワトに逸材が語ったメッセージの歴史と意図について書きたい。 2020年にメキシコから凱旋帰国を果たしたマスター・ワト選手。そんな彼は今、多くの先輩からあれやこれやと言われる自体に陥っている。 「気持ちが見えない」、「置きにいってる感じ…

棚橋弘至と令和3年1月18日の後楽園ホールに集まった396人

棚橋弘至と令和3年1月18日の後楽園ホールに集まった396人について書きたい。 たった今、新日本プロレスの「Road to THE NEW BEGINNING」後楽園ホール大会2日目が終了した。 メインイベントは棚橋弘至選手と鷹木信悟選手による「NEVER無差別級選手権試合」の…

バレットクラブ“TOKYO”誕生!?外道が背負う言葉の意味とは?

バレットクラブ“TOKYO”誕生!?外道が背負う言葉の意味とは? 2021年1月16日、いよいよ新日本プロレスの新シリーズ「Road to THE NEW BEGINNING」。 2月10、11日に開催される広島大会「THE NEW BEGINNING in HIROSHIMA」まで続く今年最初のサーキットが幕を…

SHOの存在が大きくなればなるほどYOHが気になる

SHOの存在が大きくなればなるほどYOHが気になるという話を書いていきたい。 “ロッポンギ3K”のSHO選手が絶好調だ。 2020年は因縁の相手である鷹木信悟選手を破り、「NEVER無差別級王者」に挑戦。「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア27」では高橋ヒロム選手…

“二冠王”飯伏幸太の決意と警鐘はどう響き渡るのか?

“二冠王”飯伏幸太の決意と警鐘はどう響き渡るのか? 飯伏幸太選手が本日2021年1月16日の朝に一つのツイートを発信した。 ちょうど本日分のコラムを更新すべくキーボードを叩いていた僕の手も思わず止まってしまう内容。年に数回ほどこういったことがある。 …

令和の新日本プロレス史に残る一大事件が起きた

令和の新日本プロレス史に残る一大事件が起きた日となった。 僕は基本的に同じネタを連日投稿することはない。正直、今日投稿するはずのコラムも半分は昨日の段階で書き終えていた。 現在の時刻は朝の6時37分。気持ちの整理が追いつかず、ふて寝したが全く気…

ジェイ・ホワイトの退団問題と別れについて

ジェイ・ホワイトの退団問題について僕の見解を書きたい。 某媒体が変に煽ったり、“挨拶なし”で退団した前例があるためジェイ・ホワイト選手が退団する?という憶測が飛び交っている。 個人的な意見だが、2021年の段階でジェイ・ホワイト選手が新日本プロレ…

オカダ・カズチカとEVILの勝者が次の「IWGP」挑戦者となる

オカダ・カズチカとEVILの勝者が次の「IWGP」挑戦者となるはずだ。 2020年1月12日、新日本プロレスが次シリーズの対戦カードを発表した。以前から噂されていた通り、試合時間は30分前倒し。試合数も1試合減という形になったものの、昨年のようにプロレスが止…

2021年こそ後藤洋央紀が「IWGPヘビー級王者」になる

2021年こそ後藤洋央紀が「IWGPヘビー級王者」になる! 新日本プロレスの荒武者を愛して早くも4年目に突入。昨日、誕生日を迎え、37歳になった川野がお送りします。 誕生日って単なる1日だって頭では理解してるんですど、何かふわふわしたり、ソワソワしたり…

“UNITED EMPIRE”のロゴが完成!規格外のユニットは今後どうなる?

“UNITED EMPIRE”のロゴが完成!規格外のユニットは今後どうなる? イッテンロク、まさかの一大事が起こった。 新日本プロレスでは“ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン”以来に誕生した新ユニット“THE EMPIRE”が“UNITED EMPIRE”へと名称をいきなりの変更。2…

棚橋弘至の2021年東京ドーム大会振り返りが素晴らしかった

棚橋弘至の2021年東京ドーム大会振り返りが素晴らしかった。2020年1月9日、Instagramでの初単独ライブ配信をスタートさせた棚橋弘至選手はまず、飯伏幸太選手について触れた。 「心技体が揃った飯伏くんが素晴らしかった。2021年を引っ張るのは彼だ」 新日本…

エル・ファンタズモのスーパーキック問題について

エル・ファンタズモのスーパーキック問題について様々な意見が飛び交っている。 イッテンヨンの東京ドームで高橋ヒロム選手は「おかしい!フェアじゃない!調べろ!」と何度も何度も口にしていた。 続くイッテンロクでは「鈴木軍」の金丸義信選手がスーパー…

ジェイ・ホワイトが見せた人間味と先輩からの激励

ジェイ・ホワイトが見せた人間味と先輩からの激励ついて書きたい。 イッテンゴ、東京ドームで「IWGPヘビー&インターコンチネンタルWチャンピオン」飯伏幸太選手に敗れたジェイ・ホワイト選手。 凱旋帰国後、一気にスターダムを駆け上がり、2021年は東京ドー…

棚橋弘至と鷹木信悟!2度目の“NEVER”に期待

棚橋弘至と鷹木信悟!2度目の“NEVER”に期待が高まり始めた。 2020年1月6日新日本プロレスが 「よそ見してんじゃねぇぞ!この野郎!」とコーナーで待機する棚橋弘至選手を襲撃。 対角線に立つ棚橋弘至選手を明らかに意識した行動と言動はまだまだ続く。 一方…

なぜ、飯伏幸太はベルト統一を主張するのか?

なぜ、飯伏幸太はベルト統一を主張するのか? 新日本プロレスの“イッテンゴ”東京ドーム大会が幕を閉じた。 「IWGPヘビー&インターコンチネンタル」に関しては飯伏幸太選手の2連勝。2020年はKENTA選手が内藤哲也選手を襲撃するという史上最大のバッドエンドが…

グレート-O-カーンが生まれた理由があまりにも素敵過ぎて言葉にできない。

グレート-O-カーンが生まれた理由があまりにも素敵過ぎて言葉にできない。 でも、今の感情だけは書き残しておきたい。そう思って筆を取った。 2021年の東京ドーム大会で新日本プロレスのエース棚橋弘至選手に敗れたグレート-O-カーン選手がその胸中をTwitter…

内藤哲也が「二冠」から開放され、大切なものを手に入れた日

内藤哲也が「二冠」から開放され、大切なものを手に入れた日。2021年のイッテンヨン東京ドーム大会は内藤哲也選手にとって大きな意味を持つ日になったと僕は思っている。 2015年に「何かを手に入れるため」メキシコへと渡った内藤哲也選手は“制御不能”という…

飯伏幸太が手にしようとしている“天衣無縫の極み”

飯伏幸太が手にしようとしている“天衣無縫の極み”について書きたい。 いよいよ明日(イッテンヨン)に迫った新日本プロレスの東京ドーム大会。 メインイベントは「IWGPヘビー&インターコンチネンタル王者」内藤哲也選手VS“G1クライマックス30覇者”飯伏幸太選…

新日本プロレスファンに伝えたい呪術廻戦の魅力

新日本プロレスファンに呪術廻戦の魅力を伝えたく新年早々に筆を取ってみた。 2020年元旦。皆さまいかがお過ごしでしたでしょうか。 僕は帰省することなく自宅で新年を迎え、のんびりとした1日を過ごしていました。 無事、12月30日の昼に仕事を納めることに…

ジェイ・ホワイトが2021年の新日本プロレスを震撼させる

ジェイ・ホワイトが2021年の新日本プロレスを震撼させると僕は「挑戦権利証」を奪った瞬間から考えていた。 2020年11月7日の大阪大会(POWR STRUGGLE)で「G1クライマックス」覇者・飯伏幸太選手から権利証を(疑惑の判定)で奪取。 イッテンゴ、東京ドーム…

鷹木信悟「良いことも悪いことも勝ちも負けも全て自分の為」。やっぱりジャイアンは器がデカい

新日本プロレスのジャイアン対決について書いていきます。 2020年の大晦日。皆さまいかがお過ごしでしょうか。 今の時刻は6時22分。昨晩は忘年会後、ベッドになだれ込んでこの時間に起きました。 さて、2020年最後のNJPWFUNでございます。 まず、これが年内…

高橋ヒロムの言葉から東京ドームへの期待を膨らます

高橋ヒロムの言葉から東京ドームへの期待を膨らましてみる。 2020年の東京ドームで“リビングレジェンド”獣神サンダー・ライガー選手を介錯した高橋ヒロム選手。 俺が、俺たちが新日ジュニアを盛り上げるという言葉に嘘偽りはなく、今年はさらにジュニアが注…

オカダ・カズチカですら感じる“勢い”の力

オカダ・カズチカですら感じる“勢い”の力について書く。 2020年も残すところ3日。新日本プロレスは東京ドーム大会への機運を高めるべく、各レスラーへのロングインタビューを次々と公開している。 今回、公開されたのは「CHAOS」“レインメーカー”オカダ・カ…

反逆のウィル・オスプレイが本音を激白!

反逆の“ジ・コモンウェルス・キングピン”ウィル・オスプレイが新日本プロレス公式スマホサイトのインタビューで本音を激白した。 「G1クライマックス30」で自身を新日本プロレスへ導いた兄貴分オカダ・カズチカ選手を裏切り、「CHAOS」から離反。 イギリス侵…

エル・デスペラードによるマスター・ワトへの公開説教のワケ

エル・デスペラードによるマスター・ワトへの公開説教を振り返る。 2020年12月23日に行われた『バルサン Presents WRESTLE KINGDOM 15 in 東京ドーム』の“第2弾記者会見”。 今年は対戦相手が確定していなかったり、記者会見に参加できないレスラーが続出する…

矢野通のYouTubeにYOHが登場!?KOPW 2020を振り返る

矢野通のYouTubeにYOHが登場!?KOPW 2020を振り返りたいと思う。 2020年のクリスマス。 僕と言えば、24日はライブ配信の立ち会い。25日は朝から関係各所の調整とスマホの機種変(前に使っていたiPhoneが調子悪すぎてヤバかった)に追われた2日間だった。 そ…