カール・フレドリックス

なぜ、カール・フレドリックスは石井智宏に喧嘩を売ったのか?

カール・フレドリックスの第1試合に“ヤングライオン”の在り方を感じた日。 「ワールドタッグリーグ2019」もいよいよ大詰め。現段階で3チームに優勝の行方が絞られることとなった。まずは優勝候補の最右翼であるSANADA選手&EVIL選手組。続いて、現「IWGPタッ…

後藤洋央紀と“カール”。KENTAとの運命の一戦が迫る

後藤洋央紀と“カール”。KENTAとの運命の一戦が迫る。TOMOからTONOへ。もう一度荒武者が柴田勝頼選手が育てた「NEVER」に挑戦する時は近いのかもしれない。 いよいよ今週末から新日本プロレスヘビー選手によるタッグの祭典「ワールドタッグリーグ2019」がスタ…

鬼神ライガー降臨!ジェイ・ホワイトが「IWGPインターコンチネンタル王者」へ!

鬼神ライガー降臨!ジェイ・ホワイトが「IWGPインターコンチネンタル王者」へ! いやはやとんでもない大会だった。 ヤングライオン杯争奪トーナメントの優勝者がカール・フレドリックス選手に決まったり、鬼神ライガーが姿を現したりと、盛り上がった熱が冷…

ヤングライオン杯優勝の行方が3選手に絞られた

ヤングライオン杯優勝の行方が3選手に絞られた。 単なるヤングライオン同士のぶつかり合いではなく、道場同士の尊厳を懸けた戦いが繰り広げられているヤングライオン杯争奪リーグ戦。 始まった当初、目を見張ったのはLA道場出身の“青い目”のヤングライオンた…

野毛とLAの道場対決!新日本プロレスの未来は明るいぞ

野毛とLAの道場対決!新日本プロレスの未来は明るいぞ。こう断言できるほどに惹きつけられる「G1クライマックス29」の第1試合だった。 飯伏幸太選手とジェイ・ホワイト選手が真夏の覇者を決める日のオープニングマッチを任されたのは日米のヤングライオンた…

日米ヤングライオン対決と辻陽太の言葉

日米ヤングライオン対決と辻陽太の言葉について書きたい。 LA道場のヘッドコーチ柴田勝頼選手が作り上げだ青い目のヤングライオンたちは、野毛道場で育った純正培養の若獅子と同等以上に伝統的な新日本プロレスのDNAを持つレスラーに育っていた。 「G1クライ…