エル・デスペラード

エル・デスペラードの「Twitterなんて...」発言について

エル・デスペラードの「Twitterなんて...」発言について書いていきたい。 2021年4月30日。新日本プロレスのエル・デスペラード選手がTwitterで内角高め100マイルの美しい4シームを投げ込んだ。 いや、本当に僕が思っていたど正論である。 その内容は、ある選…

YOHが新日本プロレスに復帰!SHOの想いと現王者組の口撃

YOHが新日本プロレスに復帰!SHOの想いと現王者組の口撃について書きたい。 2021年3月21日、長期欠場中だった“ロッポンギ3K”のYOH選手が新日本プロレスの仙台大会「NEW JAPAN CUP 2021」に登場。 YOH選手の地元で高らかに戦線復帰を宣言した。 黒髪の短髪。…

飯伏幸太の想いと棚橋弘至・オカダ・カズチカの願い。そして...ならず者の言葉

飯伏幸太の想いと棚橋弘至の願い、オカダ・カズチカの叫びについて書きたい。 エル・デスペラード選手との試合を制し、初代「IWGP世界ヘビー級王座」に輝くことが内定した飯伏幸太選手。 表情やほとばしる雰囲気。この数日の間に一体何があったのかと思うほ…

飯伏幸太の「しょっぱかった」発言に王者の才を見る

飯伏幸太の「しょっぱかった」に王者の才を見た。 いよいよ本日、3月4日に新日本プロレスの旗揚げ記念興行が開催される。 2018年からの流れをそのままにメインイベントは「IWGPヘビー級チャンピオン」と「IWGPジュニアヘビー級チャンピオン」の一騎打ち。 た…

エル・デスペラードVS飯伏幸太!7年越しのリベンジマッチ!

エル・デスペラードVS飯伏幸太7年越しのリベンジマッチが急浮上した。 新日本プロレスの新シリーズ「CASTLE ATTACK」。大阪城ホール2連戦が幕を閉じた。 土曜日は「KOPW2021」を含む「CHAOS」VS「バレットクラブ」の5番勝負。 日曜日は「IWGPタッグ」、「NEV…

エル・デスペラードの挑戦表明が正論過ぎて感動

エル・デスペラードの挑戦表明が正論過ぎて感動した。 2021年2月26日、新日本プロレスは後楽園ホール大会を開催した。 メインイベントは急遽決定した、エル・ファタズモ選手&石森太二選手VS金丸義信選手&エル・デスペラード選手の「IWGPジュニアヘビー級選…

高橋ヒロムが再び不在となった新日本プロレスジュニア

高橋ヒロムが再び不在となった新日本プロレスジュニアの世界について書きたい。 2021年2月22日、新日本プロレスの後楽園ホール大会で衝撃の発表が飛び出した。 “ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン”「IWGPジュニアヘビー級王者」高橋ヒロム選手が左大胸筋…

エル・デスペラードによるマスター・ワトへの公開説教のワケ

エル・デスペラードによるマスター・ワトへの公開説教を振り返る。 2020年12月23日に行われた『バルサン Presents WRESTLE KINGDOM 15 in 東京ドーム』の“第2弾記者会見”。 今年は対戦相手が確定していなかったり、記者会見に参加できないレスラーが続出する…

高橋ヒロムだって、髙橋広夢じゃない。ならず者だって....

高橋ヒロムだって、髙橋広夢じゃない。ならず者だって....あの頃の彼じゃない。 2020年のベストバウトは高橋ヒロムVSエル・デスペラードだった。 「中止ではなく延期」高橋ヒロム選手はずっとこの主張を貫いてきた。願えば叶う。祈りは届く。 『ベスト・オブ…

エル・デスペラードの矜持と優勝へのデスロード

エル・デスペラードの矜持と優勝へのデスロード。 2017年。僕がプロレスにハマった時期の「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア」で目立っていたのは、高橋ヒロム選手、KUSHIDA選手、ウィル・オスプレイ選手、リコシェ選手、田口隆祐選手、そしてタイチ選手…

エル・デスペラードの中にあるLOVE and HATE

エル・デスペラードの中にあるLOVE and HATE。目には見えない。触れられない。そんな感情が、新日本プロレスの後楽園ホール大会を支配した。 「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア27」2日目。聖地・後楽園ホール。例年との大きな違いは鉄柵がある、という点…

プロレスにおける合体技について

プロレスにおける合体技について考えてみる。 キッカケは新日本プロレス・新世代ジュニアのカリスマ高橋ヒロム選手がアップロードした以下の動画だ。 なぜ、金丸義信選手&エル・デスペラード選手組に挑戦表明をしたのか。なぜ、彼ら2人にこだわるのか。そし…

高橋ヒロムの「IWGPジュニアタッグ」再挑戦に乗り切れない理由

高橋ヒロムの「IWGPジュニアタッグ」再挑戦に乗り切れない理由について書きたい。 いやまぁ、シンプルに一言で終わる話なのだが、前回(約1ヶ月前)の「IWGPジュニアタッグ選手権試合」で金丸義信選手に完璧にやられたからである。それも2度も。 2020年9月11…

金丸義信無双の凄さをまとめてみる【新日本プロレスファン必見】

金丸義信無双と新日本プロレスジュニアの今後について書きたい。 2020年9月11日に行われた新日本プロレスの後楽園ホール大会で第62代IWGPジュニアタッグ王座が決定した。 “ロッポンギ3K”が返上したベルトを掴み取ったのは“鈴木軍”金丸義信選手&エル・デスペ…

なぜ、金丸義信&エル・デスペラードはこうも強いのか?

なぜ、金丸義信&エル・デスペラードはこうも強いのか? 結論から書くと、経験とここ(頭)とここ(腕)が違うという話しなのだが、もう少し踏み込んで考えてみたい。 “ロッポンギ3K”が王座を返上したことですたーとした「62代IWGPジュニアタッグ王座決定リ…

高橋ヒロムとエル・デスペラードにおける衝撃の事実と2つの道

高橋ヒロムとエル・デスペラードにおける衝撃の事実について書きたい。 2020年8月31日。新日本プロレスの記者会見に“ロッポンギ3K”SHO選手が登場し、「IWGPジュニアベビー級ベルト」の返上を発表した。 2020年1月の東京ドーム大会で石森太二選手&エル・ファ…

なぜ、新日本プロレスのヘビーVSジュニアは盛り上がりまくったのか?

なぜ、新日本プロレスのヘビーVSジュニアは盛り上がりまくったのか? 名古屋でのビッグマッチを翌日に控える2020年7月24日。明日には現「IWGPヘビー級&インターコンチネンタル」Wチャンピオン“キング・オブ・ダークネス”EVIL選手VS「IWGPジュニアヘビー級」…

エル・デスペラードの「NEVER無差別級」挑戦に期待しかないワケ

エル・デスペラード選手が鷹木信悟選手の花道を強襲した時、いよいよ来たなと思った。 2017年に高橋ヒロム選手が凱旋帰国して以降、エル・デスペラード選手の魅力もストップ高を何度も記録してきた。 今ではすっかり飯塚高史選手の手綱を握っていた面影はな…

今の新日本プロレスで単純なヘビーVSジュニアという構図は通用しない

今の新日本プロレスで単純なヘビーVSジュニアという構図は通用しない理由を書いていきたい。 昨今の新日本プロレスには様々な価値観がある。4本存在する「IWGPシングルベルト」の棲み分けや「NEVER」を舞台にした“無差別級”の定義。まだまだ他にもたくさんあ…

石井智宏の言葉から人生を学ぶ

石井智宏の言葉から人生を学ぶというテーマでコラムを一本書いてみる。 2020年6月16日に開催された「ニュージャパンカップ2020」のメインイベントは石井智宏選手とエル・デスペラード選手による本気の一戦だった。 あれから一晩。エル・デスペラード選手は多…

石井智宏VSエル・デスペラードの激闘が凄すぎた

石井智宏VSエル・デスペラードの激闘が凄すぎた。 2020年6月16日、いよいよスタートした新日本プロレスの「ニュージャパンカップ2020」。 スペシャルマッチ以外の対戦カードが事前に発表されていたが、大勢の方がメインイベントは高橋ヒロム選手VS本間朋晃選…

エル・デスペラードが持つジュニアへのこだわりに感動

エル・デスペラードが持つジュニアへのこだわりに感動した。 フリーアナウンサー清野茂樹さんがお送りするラジオ番組「真夜中のハーリー&レイス」に新日本プロレス「鈴木軍」のエル・デスペラード選手が出演した。 低く、ニヒルな雰囲気を漂わせるエル・デ…

エル・デスペラードがYOHを挑発「オマエの感情ってのはどこにあるんだ?」

エル・デスペラードがYOHへコメントを残した。 「オマエの感情ってのはどこにあるんだ?」と、一見プロレスラーとしては致命的な一言であるが、相手がYOH選手となると違った見方もできる。 今日は“ロッポンギ3K”YOH選手について今、僕が持っていることをまと…

なぜ、金丸義信&エル・デスペラードはこんなにも魅力的なのか

なぜ、金丸義信&エル・デスペラードはこんなにも魅力的なのか。そう感じさせるインタビューの後編が新日本プロレス公式スマホサイトにて公開された。 前回のインタビューに引き続き、「スーパージュニアタッグリーグ2019」にエントリーしているタッグチーム…

エル・デスペラードとDOUKIが“新潟”でライガーと向き合った意味とは?

エル・デスペラードとDOUKIが“新潟”でライガーと向き合った意味とは一体何なのか?その背景について僕は考える必要があると感じた。 身長、体重不明。公式での出身地はメキシコ。 エル・デスペラード選手の正体はデビューから5年が経った今でも秘密のベール…

オカダ・カズチカと飯伏幸太が快勝!神試合連発の両国大会を振り返り

オカダ・カズチカと飯伏幸太が快勝!神試合連発の両国大会を振り返り。 オカダ・カズチカ選手の新技が発動し、SANADA選手を打ち破った両国国技館大会。あまりにもクオリティの高すぎる興行は全9試合。4時間を超える熱戦となった。 そもそも今回の両国決戦は…

新日コレクション事前登録開始!秋の両国は2人のエルに注目

新日コレクション事前登録開始!秋の両国は2人のエルに注目したい。 いよいよ本日2019年10月14日に開催される「保険見直し本舗 Presents KING OFPRO-WRESTLING」。新日本プロレス秋の総本山が目前に迫り、ソワソワしているファンの方も多いのでないだろうか…

パレハから髙橋ヒロムのLINEスタンプをプレゼントされた話とエル・デスペラードについて

パレハから髙橋ヒロムのLINEスタンプをプレゼントされた話とエル・デスペラードについてを書いてみる。 昨晩、前職の先輩であり今でも仕事でお世話になりつつ、プロレス談義に花を咲かせているパレハからメッセージが届いた。 「なんじゃこりゃ」とシンプル…

なぜ、エル・デスペラードは新日本プロレスの外で刺激を求めるのか

なぜ、エル・デスペラードは新日本プロレスの外で刺激を求めるのか。 令和初のゴールデンウィークが開けた2019年5月7日火曜日、後楽園ホールで開催された「タカタイチマニア2」。 新日本プロレスのレスラーも参戦し、「超満員とはいかないまでもほぼ満員」と…

鈴木軍によるTwitterでの宣戦布告は現代式の前哨戦だ

新日本プロレスの「鈴木軍」。2017年1月5日にプロレスリング・ノアから帰還後、常に話題を生み出しているヒールユニットである。 ヒールとは仕掛ける存在。その本質を貫く彼らは、これまでリング上やバックステージでその存在感を遺憾無く発揮してきた。 つ…