「ウィル・オスプレイ」の最新・人気情報まとめ

復帰戦 高橋ヒロムと3人の男たち

「復帰戦 高橋ヒロムと3人の男たち」について書きたい。 新日本プロレスにいよいよ高橋ヒロム選手が帰ってくる。 2018年7月7日のアメリカ。「G1 SPECIAL IN SAN FRANCISCO」の「IWGPジュニアヘビー級選手権試合」で高橋ヒロム選手は宿命のライバルであるリュ…

高橋ヒロムがウィル・オスプレイらと新ユニット結成か?「H.E.S.Y。まだまだ先の話だ」

高橋ヒロムがウィル・オスプレイらと新ユニット結成か?「H.E.S.Y。まだまだ先の話だ」に込められた時限爆弾が爆発する時は近いのかもしれない。 イギリス、メキシコ、アメリカを経て新日本プロレスへ凱旋帰国を果たした高橋ヒロム選手。「チャンピオンにな…

髙橋ヒロム復帰へ!「世界中のみんな待たせたな!」

髙橋ヒロム復帰へ!「世界中のみんな待たせたな!」そして、ウィル・オスプレイに挑戦表明を果たした。 2019年11月3日に開催された「保険見直し本舗 Presents POWERSTRUGGLE ~SUPER Jr. TAGLEAGUE 2019~」。そのセミファイナルでビッグサプライズは起こっ…

新日本プロレスの秋。締め括りはジェイ・ホワイトVS後藤洋央紀!そして、セミファイナルについて

新日本プロレスの秋。締め括りはジェイ・ホワイトVS後藤洋央紀!そして、セミファイナルについて書きたい。 正直、正直控えめ言って「保険見直し本舗 Presents POWERSTRUGGLE ~SUPER Jr. TAGLEAGUE 2019~」の対戦カード順を見た時に違和感があった。 「ス…

ウィル・オスプレイの日本語マイクとプロレス大賞への期待

ウィル・オスプレイの日本語マイクとプロレス大賞への期待を書きたい。 「メガコーチズ」による「CHAOS」2連戦。田口隆祐選手&ロッキー・ロメロ選手の「メガコーチズ」とウィル・オスプレイ選手&ロビー・イーグルス選手の「バーズ・オブ・プレイ(BoP)」…

BUSHIの狙いは鷹木信悟のリベンジと髙橋ヒロムへの宣戦布告なのか

BUSHI選手の狙いは鷹木信悟のリベンジと髙橋ヒロムへの宣戦布告だったのか。 まさに青天の霹靂だった。「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」“キング・オブ・ダークネス”EVIL選手が左足首負傷のため、今シリーズを全戦欠場するという。 更なる深淵を目指…

Birds Of Preyでも勝てない石森太二&エル・ファンタズモの恐ろしさとは

Birds Of Preyでも勝てない石森太二&エル・ファンタズモの恐ろしさについて書きたい。 「IWGPジュニアヘビー級王者」ウィル・オスプレイ選手と「バレットクラブ」と袂を分かち、「CHAOS」に新天地を求めたロビー・イーグルス選手のタッグチームは、これまで…

ウィル・オスプレイがアメージング・レッドに勝利!SJCUP二回戦の行方

ウィル・オスプレイがアメージング・レッドに勝利!SJCUPが二回戦の行方について書きたい。 アメリカ・Temple Theater(ワシントン州シアトル/タコマ)で幕を開けた「スーパーJカップ2019(SUPER J-CUP 2019)。 ヘビー級選手たちが作り上げた真夏の熱気を…

ウィル・オスプレイの棚橋弘至に対するリスペクトが泣ける

ウィル・オスプレイの棚橋弘至に対するリスペクトが泣ける。活字にすると安っぽくなってしまうが、言葉通りの意味にとって欲しい。 今。新日本プロレスは世代交代が進んでいる。 鈴木みのる選手や真壁刀義選手、小島聡選手と言った、人気・実力共に申し分な…

SANADAの「めっちゃすきやねん」と飯伏幸太が神を超えた日

SANADA「めっちゃすきやねん」ライバルに勝った日について書き残しておきたい。 いやはや。半端じゃない試合が続いた。 新日本プロレス「G1クライマックス29」大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)日本を覆い尽くしている猛暑日以上の熱気を放…

新日本プロレスジュニア戦士たちの熱き15日間は未来への咆哮だ

新日本プロレスジュニア戦士たちの熱き15日間は未来への咆哮だ。 「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア26」の優勝決定戦が両国国技館で開催される。 現WWEのスーパースターKUSHIDA選手の悲願達成と彼の退団が発表されたのは同じ日のこと。 夢の舞台へ連れて…

ロビー・イーグルの「CHAOS」加入は実現するか?

ロビー・イーグルの「CHAOS」加入は実現するか? このテーマが非常に気になる時間となった。 新日本プロレスのオーストラリア・メルヘボン大会。「NJPW SOUTHERN SHOWDOWN inMELBOURNE」が開催された。 本大会は後日、新日本プロレスワールドで配信されるよ…

新日本プロレス「DOMINION 6.9」のサプライズまとめ

新日本プロレス「DOMINION 6.9」のサプライズをまとめたい。いやはや色んなことが詰まった大会だった。 何から書いていいのか迷うレベルなので、今回は今後につながるストーリーを全て記載していきたいと思う。 結論から言えば、新日本プロレスはまだまだ伸…

ウィル・オスプレイがBOSJ26優勝!ドラゴンスレイヤーになった夜

ウィル・オスプレイがBOSJ26優勝!ドラゴンスレイヤーになった夜。この一夜は新日本プロレスの歴史に深く名を刻む時間になったと言えるだろう。 2019年6月5日、「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア26」の最終戦は両国国技館で行われた。 現在WWEのNXTでス…

田口隆祐VSウィル・オスプレイは約束された名勝負である

田口隆祐VSウィル・オスプレイは約束された名勝負である。 高次元のテクニックと無尽蔵のスタミナ(走るとすぐにバテるが)を持ちながら昼行灯のようなキャラクターで時折意味不明な発言を繰り返す田口隆祐選手。 圧倒的な身体能力でハイフライヤー2.0とも言…

新日本プロレスのロビー・イーグルスが凄い!

新日本プロレスのロビー・イーグルスが凄い! 「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア26」の初日、メインイベントで勝利を掴んだのは現「IWGPジュニアヘビー級王者」ドラゴン・リー選手を破った石森太二選手だった。 そして、この日のメインイベントでも評価…

新日本プロレスが静岡で見せたCHAOS劇場

新日本プロレスが静岡で見せたCHAOS劇場。2019年3月20日の興行を見終わった瞬間浮かんだのはこの言葉だった。 この日開催された「ニュージャパンカップ2019」は「CHAOS」の同門対決2連戦。 メインイベントはオカダ・カズチカ選手VSウィル・オスプレイ選手。…

飯伏幸太はイッテンヨンの第1試合で世界中の度肝を抜く

飯伏幸太はイッテンヨンの第一試合で世界中の度肝を抜くと思っている。そう、この日世界のプロレスファンは改めて飯伏幸太の破壊力を知ることになるだろう。 2019年のイッテヨン『レッスルキングダム13』まで後1日。本日は「冬フェス」の第一弾、イッテンサ…

『ゴールデン☆ラヴァーズ』と才能が弾けたウィル・オスプレイ

新日本プロレスの2018年を締めくくりとなった2018年12月15日の後楽園ホール大会。 そのメインイベントは『ゴールデン☆ラヴァーズ』ケニー・オメガ選手&飯伏幸太選手VS棚橋弘至選手&ウィル・オスプレイ選手のW前哨戦だ。 『IWGPヘビー級ベルト』と『NEVER無差…

『NEVER無差別級』真の“主役”について考えてみる

新日本プロレスが『ワールドタッグリーグ2018』の最終戦にとんでもないカードを仕込んできた。 優勝決定戦や『NEVER無差別級タイトルマッチ』は元々発表になっていただけにサプライズはなし。ただし、3つの試合が目を引いた。 全91試合が行われたリーグ戦。…

新日本プロレスがPOWER STRUGGLEでの『NEVER無差別級選手権試合』中止を発表

2018年10月25日、新日本プロレスが11月3日に開催する『九州三国志 presents POWER STRUGGLE ~SUPER Jr. TAG LEAGUE 2018~』で予定されていたタイチ選手VSウィル・オスプレイ選手の『NEVER無差別級選手権試合』の中止を発表した。 ウィル・オスプレイ選手は…

ウィル・オスプレイ選手VSマーティー・スカル選手。アンケートの順位は関係ないことを証明するか?

2018年9月30日に開催される新日本プロレスのアメリカ大会『FIGHTING SPIRIT UNLEASHED』。 現時点で公開されているカードは3つ。 IWGP US ベビー級選手権試合 ジュース・ロビンソン選手VSCody選手 IWGPタッグ選手権試合 ヤングバックスVSGOD IWGPジュニアヘ…

キーワード『F』、YTRのGLKっぷりがヤバい、後藤洋央紀選手タグチジャパン入り!?後楽園興行2日間で生まれた伏線を5つまとめてみる

2018年9月8日、9日に行われた新日本プロレス『Road to DESTRUCTION』の後楽園2連戦は非常に熱く、贅沢な時間となった。 リング上での熱い戦い。それぞれのストロングスタイルのぶつかり合いが新日本プロレスの持ち味。ただ、試合以外のエピソードも盛りだく…

ゴールデン☆ラヴァーズ対名勝負製造機&空王に見る、ワールドタッグリーグの可能性

凄まじい好勝負だった。 2018年9月7日に後楽園ホールで行われた新日本プロレス秋の大会『Road to DESTRUCTION』。 そのメインイベントは現IWGPヘビー級チャンピオンケニー・オメガ選手と挑戦者石井智宏選手の前哨戦だった。 以前から好勝負を繰り広げて来た…

飯伏幸太選手VSウィル・オスプレイ選手は無差別級を証明する対決になる。鍵を握るのはタイチ選手か?

2018年に行われたG1クライマックス28で準優勝を果たした飯伏幸太選手。 ケニー・オメガ選手、内藤哲也選手など現在の4強だけでなく、シングルベルトを戴冠している後藤洋央紀選手、ジュース・ロビンソン選手も破り優勝決定戦へ進出した。棚橋弘至選手の前に…