内藤哲也がここまで嬉々とする理由に答えが出た

内藤哲也がここまで嬉々とする理由に答えが出たので書き残しておきたい。 「G1クライマックス29」が終わって以降の内藤哲也選手は、何やらはしゃいでいるすら受けるほどに楽しそうである。 新日本プロレスの主役を宣言した2017年の夏。あれから2年が経ち、「…

新日本プロレス矢野通の鍋つゆが発売決定!気になる味はなんと5種類!

新日本プロレス矢野通の鍋つゆが発売決定!気になる味はなんと5種類!これは新日本プロレスファンならびに「CHAOS」ファン、そして何よりもYTRファンにとっては見逃せないニュースである。 今回のコラボ先も前回のカレーに引き続き、北野エースだ。追加でグ…

なぜ、ロッポンギ3KはIWGPタッグのベルトを狙うのか

なぜ、ロッポンギ3KはIWGPタッグのベルトを狙うのか。YOH選手とSHO選手が目指している先にあるものについて今日は考えてみたい。 元々、ロッポンギ(ROPPONGI)3Kとしての目標は「スーパー・ジュニアタッグリーグ」の三連覇を経て、「ワールドタッグリーグ」…

矢野通、タイチがいない新日本プロレスは寂しい

矢野通、タイチがいない新日本プロレスは寂しい。 現在、新日本プロレスは秋のシリーズ「Road to DESTRUCTION」の真っ最中。 内藤哲也選手とジェイ・ホワイト選手の白いベルトを懸けた運命の戦いや後藤洋央紀選手と鷹木信悟選手による和の心対決、第12回ヤン…

新日本プロレスを魅せた上村優也VSクラーク・コナーズの第1試合

新日本プロレスを魅せた上村優也VSクラーク・コナーズの第1試合は非常に素晴らしく、とても胸を打つ最高の9分31秒だった。 あのミラノコレクションA.T.さんは「気持ちのいい試合」とこの一戦を評価した。 黒パンツと黒パンツを洗いすぎて紺になったパンツ一…

Birds Of Preyでも勝てない石森太二&エル・ファンタズモの恐ろしさとは

Birds Of Preyでも勝てない石森太二&エル・ファンタズモの恐ろしさについて書きたい。 「IWGPジュニアヘビー級王者」ウィル・オスプレイ選手と「バレットクラブ」と袂を分かち、「CHAOS」に新天地を求めたロビー・イーグルス選手のタッグチームは、これまで…

棚橋弘至「近年にない苦しい試合」その意味を考えてみる

棚橋弘至「近年にない苦しい試合」その意味を考えてみる。 この言葉は余りにも深く、余りにも重たい。新日本プロレスを支え続けてきた棚橋弘至選手は今でこそ、温和で柔らかく自分に厳しい言葉とウイットに富んだジョークが印象的であるが、従来は他のレスラ…

KENTAが入場曲を変えた!石井智宏とYOSHI-HASASHIへ乱入行為

KENTAが入場曲を変えた!石井智宏とYOSHI-HASASHIへ乱入行為は、従来のイメージを打ち破る一撃だった。 急遽決定した「IWGPタッグ選手権試合」だったが、多くの新日本プロレスファンは一つの物語に興味を惹かれていたように思う。 「CHAOS」のYOSHI-HASHI選…

新日本プロレスファンが語りたい新サクラ大戦の魅力

新日本プロレスファンが語りたい新サクラ大戦の魅力。 2019年12月12日。令和がスタートした年に大正いや、太正浪漫の幕が再び開けようとしている。 「新サクラ大戦」 僕はもうすぐ36歳になるわけだが、思春期ドストライクの時期である中学生の頃にサクラ大戦…

田口隆祐がロッキー・ロメロをスカウト!監督タッグ結成なるか

田口隆祐がロッキー・ロメロをスカウト!監督タッグ結成なるか。 次々とパートナーを変える男。それが田口隆祐選手である。 不仲、相性が悪いなど短期でタッグチームが分裂するのはマイナスの要因が強いように見えるが、田口隆祐選手の場合は全く異なる理由…

SHOが30代で「NEVER無差別級王座」挑戦を宣言!

SHOが30代で「NEVER無差別級」挑戦を宣言した。 約2ヶ月ぶりに更新された「CHAOS」“ロッポンギ3k”のSHO選手が贈るPodcast「SHOのしびれない話」。 ここでSHO選手は「G1クライマックス29」や「スーパーJカップ2019」について振り返りつつ、「ロス・インゴブレ…

新日本プロレスのエース・棚橋弘至からハッタリをかます重要性を学ぶ

新日本プロレスのエース・棚橋弘至からハッタリをかます重要性を学ぶ。そう、やっぱり人生は先んじて声明を上げることが大切だと改めて感じた次第だ。 2019年9月9日に配信がスタートした『棚橋弘至のPodcast Off!』。イギリスはロンドンでの初収録となった同…

オカダ・カズチカのGET SPORT。その素顔が素朴で素敵で泣けた

オカダ・カズチカのGET SPORT。その素顔が素朴で素敵で泣けた。新日本プロレスで事実上のトップに君臨する“レインメーカー”オカダ・カズチカ選手。 2017年のサクラジェネシスで柴田勝頼選手との「IWGPヘビー級選手権試合」に挑んだ際、実況席に座った野上慎…

なぜ、獣神サンダー・ライガーがバックステージで激怒したのか?

なぜ、獣神サンダー・ライガーがバックステージで激怒したのか?その胸中にはどんな気持ちがあったのか。 今回はこの点について考えてみたい。「鈴木軍」鈴木みのる選手および新日本プロレスに対して、早期の引退も辞さない姿勢を見せた。 2019年9月8日。永…

第三世代と怒りの獣神が魅せた新日本プロレスの宴

第三世代と怒りの獣神が魅せた新日本プロレスの宴が素晴らしかった。対角線に、バッドラック・ファレ選手、高橋裕二郎選手、タマ・トンガ選手が揃ったことでさらなる熱気が生まれたように思う。 そう、新日本プロレスの東金大会は2019年も大盛り上がりだった…

なぜ、EVILはIWGPヘビー級ベルトを狙うのか?

なぜ、EVILはIWGPヘビー級ベルトを狙うのか? このシンプル過ぎる目標について語る書き残しておきたい。 「G1クライマックス29」のAグループは、拮抗した試合が繰り広げられていた。 結論から言えば、飯伏幸太選手がオカダ・カズチカ選手と並ぶ勝ち点14をマ…

内藤哲也が海野翔太に喝!?制御不能男からの手荒いエールか?

内藤哲也が海野翔太に喝!?制御不能男からの手荒いエールか?2019年9月5日に行われた後楽園ホール大会の試合後、僕は何となくそんな気がしたのである。 「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」“制御不能なカリスマ”内藤哲也選手は時折、ユニットの垣根を…

なぜ、後藤洋央紀と鷹木信悟のスペシャルシングルマッチが組まれたのか?

なぜ、後藤洋央紀と鷹木信悟のスペシャルシングルマッチが組まれたのか? 「G1クライマックス29」終了後、一斉に新しい動きがあった。 鈴木みのる選手はオカダ・カズチカ選手との「IWGPヘビー級選手権試合」を掴み取り、石井智宏選手は介入劇を受け「NEVER無…

柴田勝頼が提言した道場対抗戦!LA道場生強さの秘密を考えてみる

柴田勝頼が提言した道場対抗戦!LA道場生強さの秘密を考えてみる 新日本プロレス公式スマホサイトで、LA道場のヘッドコーチ柴田勝頼選手がインタビューに応えていた。 その内容はLA道場のレスラー3人と昨日からスタートしたヤングライオン杯についてである。…

新日本プロレスはイギリスで半端なく愛されていた

新日本プロレスはイギリスで半端なく愛されていた。 新日本プロレスが運営する動画配信サービス「新日本プロレスワールド」にて、2019年9月1日にイギリスはロンドンで開催された「NJPW Royal Quest」の後日配信がスタートした。 生中継を見ていたCSテレ朝チ…

KENTAが飯伏幸太に宣戦布告!リマッチについて思うこと

KENTAが飯伏幸太に宣戦布告!NEVER王者が進撃した先の世界について考えてみたい。 2019年9月1日にイギリスはロンドンで行われた「NJPW Royal Quest」にて「NEVER無差別級王者」“名勝負製造機”石井智宏選手に挑戦した「バレットクラブ」のKENTA選手。 同大会…

SANADAが3度目のIWGPヘビー挑戦へ!ライバル相手に連勝を狙う

SANADAが3度目のIWGPヘビー挑戦へ!ライバル相手に連勝を狙う。 6119人超満員となった「NJPW Royal Quest」で鈴木みのる選手との激闘を制したオカダ・カズチカ選手の前に姿を現したのはスーツに身を包んだ“正装”のSANADA選手だった。 「G1クライマックス29」…

棚橋弘至が柴田勝頼も手にしたイギリスの至宝を戴冠

棚橋弘至が柴田勝頼も手にしたイギリスの至宝を戴冠した。 2019年9月1日、イギリスはロンドンで開催された「NJPW Royal Quest」。現地時間で17時に始まった今大会で新日本プロレスのエース“100年に一人の逸材“ ”棚橋弘至選手が“英国の若き匠”ザック・セイバ…

鈴木みのるとオカダ・カズチカの共通点に大切なことを学ぶ

鈴木みのるとオカダ・カズチカの共通点に大切なことを学ぶ。新日本プロレス公式スマホサイトで鈴木みのる選手への一問一答を読んでみると改めて気づいたことがあったので書き残しておく。 よくよく考えてみると、鈴木みのる選手が大海賊祭でオカダ・カズチカ…

ガチ?女子選手?NewsPicksの新日本プロレス特集を見た感想

NewsPicksの新日本プロレス特集を見た感想について書いていきたい。 企画名は「新日本プロレスは世界で戦えるのか?」。ビジネスマンの方が見る番組ということで、地上派とは異なる角度から新日本プロレスの可能性について紐解くような内容になるのだろうと…

ヤングライオン杯で辻陽太は目標を叶えるチャンスを掴み取れるか?

ヤングライオン杯で辻陽太は目標を叶えるチャンスを掴み取れるか? 令和初となる秋に辻陽太選手の魅力が爆発する展開が待ち受けているのかもしれない。 新日本プロレスは野毛、LA、ファレそれぞれの道場出身者による前代未聞のヤングライオン杯を発表した。 …

第三世代と獣神サンダー・ライガーの宴。新日本プロレスの絆と師弟関係

第三世代と獣神サンダー・ライガーの宴。新日本プロレスの絆と師弟関係。 獣神サンダー・ライガー選手が“ライガー最終章”をぶち上げてから数年が経ち、いよいよ残すところ半年を切る時期に入ってきた。 新日本プロレスは春の「ニュージャパンカップ」や「ベ…

ジェイ・ホワイトがIWGPインターコンチネンタル挑戦へ!グランドスラムに大手

ジェイ・ホワイトがIWGPインターコンチネンタル挑戦へ!グランドスラムに大手。 「スーパーJカップ2019」の優勝が「バレットクラブ 」エル・ファンタズモ選手に決定した。 試合後には石森太二選手やロビー・イーグル 今回のトーナメントは新日本プロレスワー…

BUSHIと海野翔太のシングルマッチにどんな意味があったのか

BUSHIと海野翔太のシングルマッチにどんな意味があったのか? 新日本プロレスは「スーパーJカップ2019」の真っ只中。昨日行われたトーナメントで4人のレスラーに優勝者が絞られることとなった。 優勝候補の筆頭はウィル・オスプレイ選手。「G1クライマックス…

新日本プロレスファンはおっさんずラブの夢を見るか

新日本プロレスファンはおっさんずラブの夢を見るか。 タイトルに深い意味は無いし、ネタバレを書くつもりもない。ただ、おっさんずラブというコンテンツに対して、僕が思っていることを書き留めておきたいと思う。 おっさんずラブを見ると、時代の移り変わ…