「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア26」後楽園ホール3連戦の見どころ

「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア26」後楽園ホール3連戦の見どころについて書いていきたい。 2019年5月22日からはじまる3日間は「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア26」の公式戦が10試合組まれ続けている。 全試合ジュニア戦士によるシングルマッチ。…

“タイチからの刺客”DOUKIが紡いできたレスラー関係とハングリー精神と

新日本プロレスで今最も暴れまわっている男、DOUKI選手。 DOUKIが紡いできたレスラー関係とハングリー精神は、生え抜きのヤングライオンとは別物の魅力を放ちまくり、公式戦からも前哨戦からも目を離すことができない。 なぜ、DOUKI選手にここまで目を心を奪…

グレート・オー・カーンかサミ・キャラハンか?新日本プロレスの「DEATH RIDER」は誰だ

グレート・オー・カーン(岡倫之)かサミ・キャラハンか?新日本プロレスの「DEATH RIDER」は誰だ。 新日本プロレスの「IWGP USヘビー級王者」であるジュース・ロビンソン選手を付け狙うムービーが流れ始めてしばらくが経った。 今回のムービー演出は従来と…

タイチVS石井智宏の「NEVER無差別級」煽りPVが公開!

ジェフ・コブ選手を破り「NEVER無差別級王者」に返り咲いたタイチ選手と「NEVERブランド」を作り上げた石井智宏選手がいよいよ、ロクテンキュウ大阪城ホールで激突する。 新日本プロレス春の最強戦士決定戦である「ニュージャパンカップ」で激突した2人のリ…

SHO×ヒゲドライバーの新入場曲は新日本プロレス史に残る名曲だ

SHO×ヒゲドライバーの新入場曲は新日本プロレス史に残る名曲だ。 「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア26」の開催に合わせて、それまでの自分から大きな変化を見せてきた「ロッポンギ3K」のSHO選手。 昨年の「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア」以降、シ…

なぜ、鷹木信悟は全勝ではなく無敗優勝を宣言したのか。

なぜ、鷹木信悟は全勝ではなく無敗優勝を宣言したのか。 新日本プロレスに襲来後、一度も3カウントやギブアップ負けを喫したことがない「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」鷹木信悟選手。 髪の毛の色を黒に変えて、ヒゲドライバーさん作曲のゲームサウ…

タイチ、ミラノさん、村田晴郎アナによる新日本プロレス実況席が最高だ

タイチ、ミラノさん、村田晴郎アナによる新日本プロレス実況席が最高だ。 そう、この3人が新日本プロレスの解説席に集まるとある種のプレミアム感が出る。 新日本プロレスに在籍時は、“愛を捨てた聖帝”タイチ選手とタッグチーム“ユニオーネ”を組んでいたミラ…

新日本プロレスにおける主人公に必要な力とは何か

新日本プロレスにおける主人公に必要な力とは何か。今日はこの点について考えてみたいと思う。 現在、新日本プロレスは「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア26」の真っ只中。ジュニア選手のシングルマッチを目に焼き付けるべく、参戦レスラーが激闘を続けて…

石森太二VSマーティー・スカルは新日本プロレスの広がりを見る一戦だ

石森太二VSマーティー・スカルは新日本プロレスの広がりを見る一戦となった。 石森太二選手の勢いが止まらない。 現在、新日本プロレスジュニアにおいて「絶対王者」が不在であると自ら口にして以降、王者時代以上に新日本プロレスジュニアを盛り上げる点に…

田口隆祐とYOH!新しいライバル関係が新日本プロレスをアツくする

田口隆祐とYOH!新しいライバル関係が新日本プロレスをアツくする。 ライバルはプロレスという競技に対して非常に重要な存在である。 古くは長州力選手が藤波辰爾選手に噛みつき、「かませ犬発言」の伝説が生まれた。 また、棚橋弘至選手は中邑真輔選手やオ…

鷹木信悟とSHO。やはり新日本プロレスは勝った負けたではない

鷹木信悟とSHO。やはり新日本プロレスは勝った負けたではない。そう、この日のセミファイナルで僕はとんでもないものを見てしまった。 2019年5月13日、仙台で幕を明けた新日本プロレスジュニアの祭典「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア26」。 エントリー…

DOUKIと成田蓮は「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア26」でどんな爪痕を残すのか?

DOUKIと成田蓮は「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア26」でどんな爪痕を残すのか?2人のキャリアにとって重要過ぎる局面について考えてみたい。 エル・デスペラード選手とフリップ・ゴードン選手の「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア26」欠場が発表され…

パレハから髙橋ヒロムのLINEスタンプをプレゼントされた話とエル・デスペラードについて

パレハから髙橋ヒロムのLINEスタンプをプレゼントされた話とエル・デスペラードについてを書いてみる。 昨晩、前職の先輩であり今でも仕事でお世話になりつつ、プロレス談義に花を咲かせているパレハからメッセージが届いた。 「なんじゃこりゃ」とシンプル…

なぜ、矢野通はプロ野球解説者に激昂したのか

なぜ、矢野通はプロ野球解説者に激昂したのか。この点について書いていきたいと思う。 「“意外”と身体能力が高いですね」の件である。正直、書こうか書くまいか悩んだネタではあった。 オカダ・カズチカ選手のファン、新日本プロレスファン、プロレスファン…

黒髪のSHOが目指すのは「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア」初優勝しかない

黒髪のSHOが目指すのは「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア」初優勝しかない。 そう考えさせられるエピソードを目の当たりににした。 新日本プロレスに参戦後から貫いていた「謙虚」な姿勢を改め、「我道驀進」を出した鷹木信悟選手から真の意味での初勝利…

クリス・ブルックスは新日本プロレスに参戦するか?

クリス・ブルックスは新日本プロレスに参戦するか? 「バレットクラブ」のXがエル・ファンタズモ選手だと発覚する少し前から新しい映像が流れるようになった。 イギリス国旗。Death Ryder。英字で「TIME'S UP」。日本語で「おまえは終わりだ」。 この動画が…

なぜ、エル・デスペラードは新日本プロレスの外で刺激を求めるのか

なぜ、エル・デスペラードは新日本プロレスの外で刺激を求めるのか。 令和初のゴールデンウィークが開けた2019年5月7日火曜日、後楽園ホールで開催された「タカタイチマニア2」。 新日本プロレスのレスラーも参戦し、「超満員とはいかないまでもほぼ満員」と…

新日本プロレス観戦で一眼レフカメラに挑戦する賢い方法。

新日本プロレス観戦で一眼レフカメラに挑戦する賢い方法。ちょっと意味深なタイトルを付けてみたわけだが、プロレス観戦にはいくつもの楽しみがある。 まずは、試合をじっくりと見ること。海外ファンと異なり、日本人のプロレスファンは試合をしっかりと見る…

エル・ファンタズモが「バレットクラブ」へ加入!新日本プロレスジュニアは新時代へ

エル・ファンタズモが「バレットクラブ(BULLET CLUB)」へ加入!新日本プロレスジュニアは新時代へ。 突如、会場で公開されるようになった謎のサングラスを掛けた男のムービー。 「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア26」にも参戦が発表されるなど、その正…

SANADAがオカダ・カズチカのライバルになった日。

SANADAがオカダ・カズチカのライバルになった日。そう、新日本プロレスを席巻してきた“レインメーカー”オカダ・カズチカ選手にいよいよ同年代の強敵(とも)が生まれたのだ。 「ニュージャパンカップ」決勝で雌雄を決した2人が再び、福岡の地で激突する。新…

王者・聖帝タイチが次のチャレンジャーに指名するのは新日本プロレスの誰だ?

王者・聖帝タイチが次のチャレンジャーに指名するのは新日本プロレスの誰だ? 王者ジェフ・コブ選手VS挑戦者タイチ選手で行われた「令和」初となる新日本プロレスのタイトルマッチ。 「IWGP」という価値観とは離れたところにある「NEVER」という称号について…

石森太二VSドラゴン・リー!IWGPジュニアヘビー級ベルトの行方

石森太二VSドラゴン・リーの試合がいよいよ開催される。IWGPジュニアヘビー級ベルトの行方を占う運命の一戦だ。 「IWGPジュニアヘビー級選手権試合」が新日本プロレスのメインイベントで行われるのは、約1年振りだ。 「レスリングどんたく」福岡・福岡国際セ…

新日本プロレスを見て、悔しいという気持ちを取り戻した

新日本プロレスを見て、悔しいという気持ちを取り戻した。 日常生活を送っていると、嬉しいや楽しいという気持ちを浮かべることは多々ある。 また、エンターテイメントに触れ、感動したり涙を流すことも珍しくない。 ただ、「悔しい」という気持ちはなかなか…

なぜ、大仁田劇場は新日本プロレス史に残る存在となったのか

なぜ、大仁田劇場は新日本プロレス史に残る存在となったのか。平成が終わったタイミングで振り返ってみたいと思う。 「令和」初日。初のゴールデンウィーク。新元号がはじまったことに対して、多くの人々がなんだがそわそわしている中、僕も「令和」初のブロ…

令和に入る直前に新日本プロレスの歴史を振り返りたい。

令和に入る直前に新日本プロレスの歴史を振り返りたい。 1989年1月8日に「平成」がはじまって3ヶ月後の4月24日に新日本プロレスは団体初となる東京ドーム大会を開催した。 現在では年に一度(2020年は既に2回の開催が発表済み)の祭典イッテンヨン「レッスル…

獣神サンダー・ライガーのデビュー30周年を祝う鈴木みのるの胸中を考えてみる

獣神サンダー・ライガーのデビュー30周年を祝う鈴木みのるの胸中を考えてみる。 オープンフィンガーグローブが新日本プロレスで登場したのは、中々久しぶりのことではないだろうか。 新日本プロレスの「レスリングどんたく」シリーズ後楽園で怒りの獣神はデ…

金丸義信の解説力に見る、シングル戦線への期待

金丸義信の解説力に見る、シングル戦線への期待。「IWGPジュニアタッグ選手権試合」でのコメントは彼のプロレス脳を改めて証明するものとなった。 新日本プロレスの春を彩る「Road to レスリングどんたく 2019 ~安芸の国 戦国絵巻~」広島・広島グリーンア…

鷹木信悟が新日本プロレスに来てくれてよかった

鷹木信悟が新日本プロレスに来てくれてよかった。2019年4月26日に開催された「Road to レスリングどんたく 2019 ~安芸の国 戦国絵巻~」広島・広島グリーンアリーナ・小アリーナ 大会。 この日のメインイベントを見たときに、改めて鷹木信悟選手が新日本プ…

新日本プロレス令和初のタイトルマッチでタイチは「NEVER」を取り戻せるか?

新日本プロレス令和初のタイトルマッチでタイチは「NEVER」を取り戻せるか? いよいよ平成が終わり、令和がはじまるカウントダウンがスタートした。 現在、新日本プロレスは「レスリングどんたく」シリーズの真っ只中。 「NEVER無差別級選手権試合」で王者チ…

覚醒したSHOは新日本プロレスジュニアを牽引する存在となる

覚醒したSHOは新日本プロレスジュニアを牽引する存在となる。そんな予感を感じさせるメインイベントだった。 「Road to レスリングどんたく 2019」後楽園ホール3連戦の最終日のメインイベントは「CHAOS」VS「ロス・インゴブレナブレス・デ・ハポン」。 オカ…